『日常を描く―風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄』

★ルーヴル美術館展 2015(東京)★

世界でもほとんど例のない、史上空前の風俗画展です!
*17世紀オランダを代表する画家フェルメールの傑作、《天文学者》が待望の初来日を果たします*

*2015年2月21日(土) ~ 6月1日(月) 開催!
毎週火曜日休館 ただし、5月5日(火)、26日(火)は開館しています。

【会  場】国立新美術館 企画展示室1E(東京・六本木)
〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2
03-5777‐8600(ハローダイヤル)

【開館時間】10:00~18:00
金曜日、5月23日(土)、24日(日)、30日(土)、31日(日)は20:00まで
4月25日(土)は22:00まで開館 *入場は閉館の30分前までです。

【展覧会の構成】
*プロローグⅠ 「すでに、古代において・・・」風俗画の起源
フランスの画家、ジョゼフ=マリー・ヴィアンによる絵画《アモルを売る女》を紹介します。

*プロローグⅡ 絵画のジャンル
歴史画、肖像画、風景画、静物画、風俗画の5つのジャンルを紹介します。

*1章 「労働と日々」—商人、働く人々、農民
ドラクロワとミレーの作品を観ることができます。

*2章 日常生活の寓意―風俗描写を超えて
風俗画というジャンルの境界をあらためて考えさせてくれるような表現の数々を見ることができます。

*3章 雅なる情景―日常生活における恋愛遊戯
日々の暮らしに題材を得る風俗画においても、男女の恋愛沙汰は、主要なテーマのひとつでした。

*4章 日常生活における自然?田園的・牧歌的風景と風俗的情景
コローを先駆とする19世紀のレアリスムの画家たちの作品を観ることができます。

スポンサードリンク


ルーヴル美術館展2015のグッズ情報

*5章 室内の女性―日常生活における女性
17世紀オランダの風俗画には、母としての役割をつとめる女性の姿が見いだされます。

*6章 アトリエの芸術家
大きなアトリエともいうべきルーヴル宮のグランド・ギャラリーで
模写をする画家たちを描いた作品で本展覧会が締めくくられます。

【ルーヴル美術館 音声ガイド】
所要時間:35分 ガイド点数:23点 貸出価格:550円

私個人としてはおススメです。主な展示物だけに限られますが、
その絵に込められた作者の奥深い所を解説してくれます。

美術館・博物館・歌舞伎などに行くときは、必ず借ります!
今回のように混雑するだろうなって思う展覧会は特におススメです。
少し作品から離れててもガイドの説明があるので、絵の下の小さなプレートを読む必要がありません!

【入場料金】
一般:1,600円、大学生:1,200円、高校生:800円
*中学生以下無料 *障害者手帳をお持ちの方と付添の方1名は無料
※3月18日(水)~4月6日(月)は高校生無料観覧日

【ルーヴル美術館展のグッズ】
*カタログ(300×225㎜)…風俗画の起源からその変遷まで、風俗画の歴史を一望できる一冊です!
通常版 2,500円
日仏バイリンガル版 3,700円

❖展覧会カタログは、展覧会会期中に限り、通信販売でも販売しています。(日テレ屋web)
❖電話からのご注文:0120-444-210
※受付時間:24時間受付
※送料は1回のご注文でお届け先一か所につき、全国一律741円+消費税です。

【特別番組】
*番組名:日本テレビ+ルーヴル美術館 特別番組  「世界!極限アーティストBEST20」
*OA日時:3月9日(月) 21:00~22:54

※ルーヴル美術館展開催中、国立新美術館の4つのカフェ、レストランと、
徒歩5分にある「オーベルジュ・ド・リル トーキョー」で、特別メニューが用意されています。
ぜひ舌でも味わってください。

ルーヴル美術館展2015!関連記事まとめページ

※ルーヴル美術館展2015のその他の情報をこちらの上記のページにまとめました。

ルーヴル美術館展に興味がある方、観に行こうと検討している方はご覧ください。

スポンサードリンク