『日常を描く―風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄』

★ルーヴル美術館展 2015(東京)★

世界でもほとんど例のない、史上空前の風俗画展です。
*17世紀オランダを代表する画家フェルメールの傑作、《天文学者》が待望の初来日を果たします*

*2015年2月21日(土) ~ 6月1日(月) 開催!
毎週火曜日休館 ただし、5月5日(火)、26日(火)は開館しています。

【会  場】国立新美術館 企画展示室1E(東京・六本木)
〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2
03-5777‐8600(ハローダイヤル)

【開館時間】10:00~18:00
金曜日、5月23日(土)、24日(日)、30日(土)、31日(日)は20:00まで
4月25日(土)は22:00まで開館 *入場は閉館の30分前までです。

【展覧会の構成】
プロローグⅠ 「すでに、古代において・・・」風俗画の起源
18世紀後半に新古典主義の端緒を開いたフランスの画家、
ジョゼフ=マリー・ヴィアンによる絵画《アモルを売る女》を紹介します。

プロローグⅡ 絵画のジャンル
このセクションでは、ジャンルの理論の萌芽がみられた17世紀フランスの諸作品によって、
歴史画、肖像画、風景画、静物画、風俗画の5つのジャンルを紹介します。

*1章 「労働と日々」—商人、働く人々、農民
19世紀には、労働そのものを描くことに関心が寄せられるようになっていきます。
ドラクロワとミレーの作品は、その好例といえるでしょう。

*2章 日常生活の寓意―風俗描写を超えて
本章の作品には、風俗画というジャンルの境界をあらためて
考えさせてくれるような表現の数々を見ることができるでしょう。

*3章 雅なる情景―日常生活における恋愛遊戯
日々の暮らしに題材を得る風俗画においても、男女の恋愛沙汰は、主要なテーマのひとつでした。

*4章 日常生活における自然?田園的・牧歌的風景と風俗的情景
コローを先駆とする19世紀のレアリスムの画家たちの作品では、
あるがままの自然の率直な描写に主眼が置かれ、人間の営みは、自然の一部にすぎないものとなっています。

*5章 室内の女性―日常生活における女性
17世紀オランダの風俗画には、幼児に授乳したり、
子どもたちに読み書きを教えるなど、母としての役割をつとめる女性の姿が見いだされます。

*6章 アトリエの芸術家
そして、大きなアトリエともいうべきルーヴル宮のグランド・ギャラリーで
模写をする画家たちの営みを描いた作品によって、本展覧会を締めくくられます。

スポンサードリンク


ルーヴル美術館展(国立新美術館)の行き方は?交通アクセスチェック

【ルーヴル美術館 音声ガイド】
所要時間:35分 ガイド点数:23点 貸出価格:550円

【入場料金】
一般:1,600円、大学生:1,200円、高校生:800円

*中学生以下無料 *障害者手帳をお持ちの方と付添の方1名は無料

※3月18日(水)~4月6日(月)は高校生無料観覧日
※2015年2月21日(土)以降は、当日券のみの販売です。

【アクセス】
電車の場合
①東京メトロ千代田線 乃木坂駅 青山霊園方面改札6出口(美術館直結)
②地下鉄大江戸線 六本木駅 7出口から徒歩約4分
③東京メトロ日比谷線 六本木駅 4a出口から徒歩約5分

バスの場合
都営バス
①六本木駅前下車徒歩約7分
②青山斎場下車徒歩約5分

港区コミュニティバス「ちぃばす」赤坂
①循環ルート六本木七丁目下車徒歩約4分

*美術館には駐車場はございません。周辺にある有料駐車場をご利用ください。
・(公財)東京都道路整備保全公社の管理運営する「s-park」

・東京ミッドタウン駐車場(コールセンターTEL. 03-3475-3100 10:00~21:00)
24時間営業、無休(法定点検等により休止する場合がございます)

・六本木ヒルズ駐車場(TEL. 03-6406-6678)
24時間営業、無休

*バリアフリー情報
❖千代田線乃木坂駅6出口からはバリアフリーで美術館へ入館できます。
❖都営大江戸線六本木駅7出口からはエレベーターであがれます。
❖地下通路を乃木坂駅方向へ進むと美術館に近いエレベーターがあります。
❖身障者用駐車場はあります。(一般車両用駐車場はありません。)
障害者手帳を警備員に提示の上、指示にしたがってください。

ルーヴル美術館展2015!関連記事まとめページ

※ルーヴル美術館展2015のその他の情報をこちらの上記のページにまとめました。

ルーヴル美術館展に興味がある方、観に行こうと検討している方はご覧ください。

スポンサードリンク