例年、深大寺では3月の3日と4日に「厄除元三大師大祭」が執り行われます。
これに合わせて境内の中ではだるま市が開催されます。

深大寺のだるま市、正式名称は「元三大師大祭だるまいち」。
富士市の「毘沙門天祭だるま市」、高崎市の「七草大祭だるま市」と並び、
日本三大だるま市のひとつです。

深大寺のだるま市は東京に春を呼ぶと言われていて全国的にも有名です。
だるま市は朝の9時から18時まで開かれ、
境内には大小300余りの縁起だるま店が出店します。

「東京だるま」、「武州だるま」や「上州だるま」など数種類のだるまが売られてます。
招き猫とだるまを合わせた物、干支とだるまを合わせた物など変わりだるまもあります。
値段は1万円以上する高価なものから500円の小さいサイズまであります。

深大寺だるま市は値切り交渉が前提になっています。
業者側の言い値は高めから始まっていますので、少しでも安く買うには、多くの店を見てからの交渉次第です。
売れ筋の価格帯は1,000円~3,000円の中小サイズのだるまのようです。

深大寺では、境内で買っただるまの開眼をしてくれます。
大師堂前にある「開眼所」へだるまを持っていくと、
だるまの左目にお坊さんが心願成就を祈願して目入れをしてくれます。

スポンサードリンク


深大寺だるま市2015 日程/アクセス/歴史/値段

深大寺の目入れの特徴は、左目に黒い丸ではなく、「阿吽」の「阿」の梵字を書き入れます。
心願成就の祈願の始まりを意味しています。

そして心願が成就した暁に右目に入れるのは、物事の終わりを意味する阿吽の「吽」の梵字です。
成就しただるまを「開眼所」へ持っていけば右目の目入れもしてもらえます。

右目に「吽」の字を入れてもらっただるまは、お寺に収めても、
念願が叶った証として家に飾ってもいいそうですが、家に飾ったとしても、
そのだるまは念願を叶えてしまっただるまなので、福をもたらす効果はありません。
福をもたらすには毎年新しいだるまが必要ということになります。

深大寺のだるま市には2日間で約10万人の人出があり、
特に初日の混雑時には身動きもとれないほど混みあいます。

14時からは、深大寺の「厄除元三大師大祭」のメインイベント、
「お練り行列」と「元三大師御影供」の厳修が執り行われます。
このとき僧侶や信徒100人以上が列を作って境内を出て練り歩きますので、
その通路を作るために一層混みあいます。

だるまを買うことだけが目的であれば、午前中の早い時間に行った方が混雑に巻き込まれずに済みます。
期間中の10時から16時は、深大寺通りが一方通行になり、三鷹通りからは進入ができなくなります。
バスが増便されますから、なるべく公共の交通期間を使うのがお薦めです。

京王線つつじヶ丘駅から京王バス深大寺行きで15分、終点で下車。
どうしてもマイカーで行きたい方は、神代植物公園正門隣の駐車場の利用が可能ですが、
遅くとも朝の9時半には到着する必要があります。

スポンサードリンク