アラサーで「彼氏いない歴5年」のフリーライターの恵が、
連載企画で初対面の男性たちと外食デートをするというこの作品も5話目です。
彼女の心の中の言葉が、メッチャ面白い。
何やかんや言って、美味しそうに料理を平らげるのも観てて気持ち良いです。

フリーライター・神林恵は、編集者・伏見裕子の期待に応え、連載企画『女くどき飯』を続けている。
連載は好調のようですね!!今回、応募してきたのは、見た目は今風チョイ悪オヤジの、
陽気でフレンドリーなおじさん・細貝崇彦だ。年齢は56歳、何と恵の父と同い年!!
裕子からは、くれぐれも“食われないように”と釘を刺されるのは、毎回の事。

現在は都内でいくつかの会社を経営する彼が選んだのは、麻布十番にある絶品中華料理。
世間が忘れ去ったようなバブル語をバッキバキに使いこなし、その古さが逆に新しい?
けどハンパない「お父さんと同い年のバブルおじさん」!!桁外れです!

泡ってシャンパンの事だったんだ~。物凄い言葉!!これは、ビックリです。
そう言えば、バブル期に流行ったな~、シャンパン。ただ、さすが会社経営者!
店のチョイスや食事のチョイスはバッチリです。

セクハラ発言もあまりのバブル発言に、ぶっ飛び、気にならないくらい・・・
ただ、聞き上手で聞き出し上手な細貝は、恵の元カレが次々と結婚してるみたい・・・
みたいな愚痴まで言わせちゃいます、
そんな、恵に細貝は「自分が彼氏じゃどう?どこでも会いに行っちゃうよ~」と口説く。

スポンサードリンク


スポンサードリンク


女くどき飯!第5話のあらすじ

恵が、細貝が何故この企画に応募したのかと訊くと、会社の若い社員が勝手に応募したとの事!
そして、恵がフリーという事で、「仕事が恋人なんだね!」と言う。頑張ってる恵をさり気なく、
バブル言葉で癒すところが大人~

そして、細貝は何と×5!!子供は7人。一番最初の奥さんの子供は30歳を過ぎてるから恵より年上!!
そして5番目の奥さんは25歳・・・恵より年下。子供は2歳!!凄いのブッコンできたな~と恵。

でも恵は、段々と細貝の大人の気遣いに惹かれていく。
今、恵がフリーで仕事をしているツラさとかをさり気なくフォロー!!
弱いよね~アラサー女子は、そういう所に!!

そして口説きのシメは、
「いつでも寂しくなったら、細腕一本で戦うのに疲れたら、連絡頂戴!俺の最後の女になる?」
恵はノックアウトです。

帰りは、チャンとタクシー(シータク)でも拾ってとお金を渡す。
メグリング?みたいにマブイ女を電車で帰す訳にはいかないでしょ!!って、
何から何まで大人~!!言葉が、あまりにもバブリング?ですけど。

恵が、私を最後の女にしてくれますか?と細貝に言うと!!
何と、細貝は今から若い女の子たちと“合コン”だそうです。
どこまでも元気なバブルおじさんでした。

次のくどき飯の相手は誰?気になりますね!!

スポンサードリンク