桜と言えば、「ソメイヨシノ」が代名詞みたいですが、実はもっと早く咲く人気の桜があります。
それは、河津桜 です。
早咲きの桜として有名で、また開花期間も約1ヶ月と長くたのしめます。

河津桜は、静岡県河津町に多く自生する桜の一種で、
緋寒桜と、早咲きの大島桜の自然交配種だとみられています。
1955年2月に、河津町田中の飯田勝美氏(故人)が偶然見つけた桜の苗を、現在地に植えたものが原木です。

当初は飯田氏の屋号から「小峰桜」と呼ばれていましたが、その後の調査で新品種であることがわかり、
1974年に「河津桜」と命名されました。

その後増殖され、1975年には、河津町の木に指定されています。
飯田氏の植えた原木は、今も花を咲かせ、名所の一つとなっています。

河津桜は、毎年、1月下旬から2月にかけて開花します。
ソメイヨシノは1週間ほどで満開になりますが、河津桜は約1ヶ月かけて満開になります。
また、満開の状態が長く続くのも、河津桜の特徴です。
花の色はソメイヨシノよりも色が濃い「桃色」「ピンク色」をしています。

河津桜は、6~8分咲きが、花に勢いがあり見ごろといわれています。
満開の時期は約1週間で、それを過ぎると花は残っていても葉が出てきて、花の色があせてきます。
開花情報で5~6分咲きになれば「見ごろ」といえます。

河津桜まつり公式サイト。
http://kawazu-onsen.com/sakura/index.html

スポンサードリンク


開花情報専用ダイヤルでは2月10日~3月10日は毎日更新。
TEL.0558-34-1560 (24時間自動音声)

スポンサードリンク


河津桜まつり2015の開花予想!見頃はいつごろ?

2015年(平成27年)の河津桜まつりは、2月10日(火)~3月10日(火)です。
夜にはライトアップされた桜並木を楽しむこともでき、
100万人もの人出で賑わう一大イベントとなっています。

主なイベント。
桜並木 名木ライトアップ
日時:期間中毎日 18:00~21:00
場所:館橋下流、峰地区、河津七滝地区
名木場所:かじやの桜、車の桜、河津駅前の桜、今井浜の桜
豊泉の桜、涅槃の桜、上条の桜、役場の桜、隠居の桜大宮瀬の桜

伊豆の踊り子との記念撮影(無料)
日時:期間中の土曜・日曜 祝日 10:00~15:00

JA伊豆太陽農業祭
日時:3月7日(土) 9:00~16:00
会場:河津バガテル公園
農産物品評会、農産物特産品販売他。

河津夜桜ウォーク
2月28日(土) 19時30分(受付19時)
集合場所:河津桜観光交流館駐車場  ※小雨決行
河津桜まつり初の夜桜ウォークイベント。先着300名様。
スペシャルゲスト:河津PR観光大使「前野朋哉」氏。

河津桜まつり記念イベント Supported by 東急ホテルズ~光と和で奏でる祭典~
3月7日(土) 開場18時30分、開演19~20時30分
会場:河津桜観光交流館前駐車場 ※雨天順延
和太鼓・尺八・三味線・サックス奏者とのコラボレーション。
その後は豪華賞品が当たる大抽選会。

スポンサードリンク