ジェイアール名古屋タカシマヤ開店15周年記念
ようこそ、「ぐりとぐら」の世界へ!

誕生50周年記念 ぐりとぐら展
JR Takashimaya 10階 特設会場にて開催!

平成27年2月17日(火)~3月2日(月)
入場時間:午前10時~午後7時30分(閉場:午後8時)※最終日は午後4時30分まで(閉場:午後5時)

入場料:一般800円(600円)、大学・高校生600円(400円)、中学生以下無料
※消費税込、( )内は前売り及び10名以上の団体割引料金です。
※前売り券は2月16日(月)まで11階の免税カウンター、チケットぴあ(Pコード:989-226)で販売。
※「障害者手帳」をご提示の場合は本人ならびに、同伴者1名まで入場無料は無料です。

「ぐり」と「ぐら」が名古屋にやってきます!!
1963年に生まれたふたごの野ねずみ「ぐり」と「ぐら」。

中川李枝子さんと山脇(大村)百合子さんの姉妹によるこの作品が50周年を迎えました。
シリーズ累計は2400万部にものぼる「ぐりとぐら」。その愛らしい絵とストーリーは、
読み継がれる絵本の中の絵本としてこどもたちを魅了し続けてきました。

【展示品】
「ぐりとぐら」の原点
中川・山脇姉妹のデビュー作である童話「いやいやえん」や、「そらいろのたね」「たからさがし」
といった初期の絵本作品を原画で紹介。
①「いやいやえん」(1962年) 原画(表紙・背・裏表紙)
②「そらいろのたね」(1964年「こどものとも」) 原画(22~23頁)

スポンサードリンク


スポンサードリンク


ぐりとぐら展(名古屋)の前売り券の料金&日程と開催場所

「ぐりとぐら」の世界
「ぐりとぐら」のお話全7作品から、選りすぐりのシーンの原画約70点が集まります。
①「ぐりとぐら」(1963年「こどものとも」) 原画(22~23頁)
②「ぐりとぐらのえんそく」(1979年「こどものとも」) 表紙原画
③「ぐりとぐらのおきゃくさま」(1966年「こどものとも」) 原画(24~25頁)
④「ぐりとぐらとすみれちゃん」(2000年「こどものとも」) 原画(28~29頁)

広がる「ぐりとぐら」
小型絵本、かるた、海外版や点字の絵本など、広がる「ぐりとぐら」の世界を紹介します。

会場限定のオリジナルグッズがいっぱい!
これは、子供だけじゃなくて大人も“大人が”欲しいグッズです!!見てしまうと買わずにいられないかも!!
メチャメチャ可愛いです!
*トートバック、ポストカード、おもいでのはこ、おりがみのセット、ハンカチ

【略歴です】
中川李枝子(なかがわりえこ)
1935年、札幌生まれ。保育園に勤務しながら、児童文学グループ「いたどり」で創作を始める。
代表作に童話『いやいやえん』、「ぐりとぐら」シリーズなど。
2013年、妹の山脇百合子さんと共に第61回菊池寛賞を受賞。
こどもたちの豊かな想像力と感性を育んできた功績が認められました!

山脇百合子(やまわきゆりこ)
1941年、東京生まれ。上智大学卒業。姉・中川李枝子さんとのコンビで、
「ぐりとぐら」シリーズなどの挿絵を手がける。文・絵とも自作の『ゆうこのキャベツぼうし』など作品多数。
明るく楽しい絵は、日本のこどもたちだけでなく、海外でも高く評価されています!

お問い合わせ:ジェイアール名古屋タカシマヤ 10階特設会場
〒450-6001 愛知県名古屋市中村区名駅一丁目1番4号
電話:052-566-1101

親子で、夫婦で、友人同士で、誰と行っても絶対楽しめますよ!

スポンサードリンク