第27回 「昭和新山国際雪合戦!!」組み合わせ決定! 

 白く熱き戦いに燃える!集まれ、白銀の戦士たち!

2月28日(土)・3月1日(日)開催 

昭和新山国際雪合戦2015

雪玉から身を守り、敵を攻める!世界中を圧巻するウインタースポーツ、それが『スポーツ雪合戦』!今までの“雪合戦”の常識がくつがえされます!!

❖日程・スケジュール

*2月28日(土)の午前9時半から予選リーグが始まります。終了予定は、午後5時半です。

*3月1日(日)の午前8時半から準決勝リーグ、決勝トーナメントが行われます。

 

❖なんとYUKIGASSEN』国際ルールがあるんです!!

■チーム:競技者7名・補欠2名・監督1名

■競技方法:時間内に相手チームのフラッグをぬいた時点、または雪球により相手チーム全員を倒した時点で勝利です!

■競技時間:3分3セットマッチ、2セット先取で勝利

■雪球:1チーム1セット90個

*国際雪合戦連合では、公認審判員制度により大会が運営されています!!

スポンサードリンク


昭和新山国際雪合戦27回の組み合わせは?

*国際雪合戦に使われる“雪球”ってどんな物なんでしょう??

唯一の武器となる雪球は、タコ焼き器型の雪球製造器でつくられます。

直径6.5~7.0cm。計90個。それが1セットの持ち球となる。壮瞥町が世界に誇る、世紀の発明。

もちろん!世界共通の規格として認証されています。恐るべし!国際雪合戦!!

*コートです!何もかもが雪合戦??っていう感じですよね!

l

(※クリックで拡大します。)

予選リーグ第1グループの組み合わせです。(一般の部)

ll

 

予選リーグ第2グループの組み合わせです。(一般の部)

lll

◆予選リーグ第3グループの組み合わせです。(一般の部)

スポンサードリンク


llll

予選リーグ第4グループの組み合わせです。(一般の部)

m

予選リーグ第1、2グループの組み合わせです。(レディースの部)

mm

*1989年2月25~26日に第1回昭和新山国際雪合戦が開催(70チーム参加)されました。

そして2008年3月北海道雪合戦連盟が公式競技団体として北海道体育協会に加盟したのです。

27回目となる2015年は、国内外の選手約1,500人が出場して開幕します。

 

なんと出場チームは一般とレディース合わせて、昨年と同じ147チーム。全国22地区の予選を勝ち抜いて出場権を得た130チームと、大会実行委の推薦枠や前回優勝・準優勝枠などの17チーム。

海外勢は、カナダの1チームが参加します。

何だか“オリンピック並み”の賑わいですよね!!

 

お問合せ: 昭和新山国際雪合戦実行委員会

北海道有珠郡壮瞥町字滝之町384番1 そうべつ情報館内 TEL 0142-66-2244 FAX 0142-66-2800

 

*生のテレビ中継はあるんでしょうか?・・・気になって問い合わせてみました!!

HTB(北海道放送)で、試合の1~2週間後に30分位(あくまで予定です)枠で放送されるのではないか!との事でした。

 

今や、国境を越えたスポーツとして歴史を刻みつつある「YUKIGASSEN」。現在10カ国で大会・イベントが行われ、その競技人口は世界へと広がりを見せています。

強い精神力と瞬時の状況判断力、そして巧みな戦術を生み出す知力が求められるスポーツです。

敵の雪球から身を守るのは要砦シェルターと手に握る雪球のみ。シェルターに身を潜め、攻撃のチャンスをうかがう。敵陣のフラッグを奪うもよし、雪球で敵を倒し判定に持ち込むのもよし!

 

白銀のコートには筋書きのない戦いとドラマが待っている!

 

スポンサードリンク