今年も無事に東京マラソンが開催されましたね。近頃のテロリスト達の事件のせいで、

開催が危ぶまれていたみたいですが、取り締まり体制を例年よりも強化したことによって、

なんとか開催までこぎつけたようです。具体的なテロ活動対策として、ランナーのペットボトル

の持ち込みを禁止しました。これは、もしもペットボトルに爆発物などを入れられたらたまんた

もんじゃない、という考えからでしょう。また、ランナーポリスというものを配置し、走行中のラン

ナーの動向に不審な動きなないか?を隈なチェックするためでしょうね。

これって、覆面パトカーと同じで、覆面ランナーということですね。

まあ、なんやかんやで、2015年の東京マラソンは開催されました。

男子で、優勝したのはエチオピア人のネゲゼという選手でした。(・・・知らんなあ。)

そして、日本人男子の最高位は、「今井正人」選手でした。見事、7位に食い込みました!!

タイムも素晴らしくて、「2時間7分39秒」ということです。なんでも、日本人選手が2時間7分

台を出すのは、3年ぶりのことらしく、テレビい解説の瀬古利彦さんや増田明美さんも、

今井正人選手のことを褒めちぎっていました。特に増田明美さんなんかは感動すらしいていま

したね。

さて、見事、7位に入って今井正人選手ですが、一体どんな人なのでしょうか?

気になったので、調べてみました。

スポンサードリンク


スポンサードリンク


今井正人の嫁や子ども!シューズは特注?東京マラソンの結果は?

今井正人選手と言ったら、やたらと「山の神・今井正人」というような触れ込みで報道されてい

ますよね。初めて聞いた方は、なんのことか分からなかったと思います。

・・かくいう僕もそのクチです(笑)。

そこで、何故、今井正人選手が「山の神」と形容されているのかを調べてみました。

それは、彼が、順天堂大学の学生時代にさかのぼります。かの有名な箱根駅伝で

二回生の時に、山登りの区間を走り、脅威の11人抜きを成し遂げたことがあったらしいです。

それで、今井正人選手のことを「山の神」と呼ぶようになったそうなんです。

(・・・謎が解けましたね!)

そんな今井正人選手ですが、順天堂大学を卒業後、2007年にトヨタ自動車九州に入社し、

マラソンをやっているようです。

結婚もされていて、お相手は意外にも元アナウンサーの方です!

名前は川添麻美さんという方で、今井選手より2歳上で、元RKB毎日放送のアナウンサー

だったんです。二人の出会いは、駅伝の番組で、川添麻美さんが今井正人さんにインタビュー

したのがキッカケだったそうですよ。川添麻美さんもホノルルマラソンに参加するなど、

マラソン好きだったので、趣味が合ったのでしょうね。

お二人の間には、子どもも一人、産まれています。

スポンサードリンク