WS0

『デート〜恋とはどんなものかしら』は1月19日から毎週月曜日21:00~21:54に、

フジテレビ系で放送のテレビドラマです。

通称「月9」(げつく)と呼ばれるフジテレビのドラマの看板枠で、

日本を代表するドラマ枠でもあります。思いつくだけでも、

『HERO』『ラブジェネレーション』『ロングバケーション』『ひとつ屋根の下』

『あすなろ白書』『素顔のままで』『やまとなでしこ』『教師びんびん物語』『プライド』

と、綺羅星のごとく浮かんできます。

この作品に原作はありません。古沢良太脚本のオリジナル作品です。

古沢は、2002年、『アシ!』で第2回テレビ朝日21世紀新人シナリオ大賞を受賞し脚本家と

してデビュー。代表作には『ALWAYS 三丁目の夕日』『キサラギ』『ゴンゾウ

伝説の刑事』『相棒』『鈴木先生』『リーガル・ハイ』などがあります。

主演の杏はNHKの朝ドラで国民的女優になった感があります。

共演の長谷川博己は作品ごとにまるで違う表情を演じきれる俳優です。

「月9」枠では本作品が2人とも初出演になります。

ドラマの大筋としては、横浜が舞台の中心に展開され、29歳の東大大学院修了の

国家公務員・藪下依子(杏)と、35歳で自称高等遊民・谷口巧(長谷川博己)が織りなす

恋愛コメディです。そんな2人の生活環境から出会いまでが、1話のあらすじです。

スポンサードリンク


デート!1話あらすじはとネタバレ!原作は?

東大大学院を卒業し、内閣府の研究所で働く超堅物の藪下依子は、着実に仕事をこなし、

貯金も数千万円あり、学生時代に立てた計画通りにこれまでの人生を歩んできました。

スポンサードリンク


そんな依子が、30歳を目前にして父親の俊雄(松重豊)から見合いをすすめられます。

亡くなった母親の小夜子(和久井映見)が29歳の時には結婚も出産もしていたことや、

子供が生まれれば国の少子化対策にも貢献できると考えて見合いを承諾します。

依子は、 結婚すら理想の相手との契約だと考えていて、24項目の条件をクリアする相手を

見つけさえすれば簡単に結婚は成立するはずだと考えたのです。

しかし、結婚を「契約」としてとらえる依子は、ことごとく見合いに失敗してしまいます。

一方、「高等遊民」を自称しながら、ニートと変わらない日々を送る谷口巧は、

自宅で美術教室を営む母親の留美(風吹ジュン)と二人暮らしです。

無職なので収入は無く、全てを母親に頼っています。

働く代わりに芸術の世界に好きなだけ触れられる生き方に誇りさえ持っているのです。

しかし、内心では、母親に万一のことがあれば路頭に迷うのではないか、と

の不安を感じてもいます。そこで、稼ぎのある女性との結婚を目指し、「出版社勤務」と

偽って結婚相談所に登録します。 一度は結婚をあきらめた依子ですが、父親が責任を

感じていることを知り、結婚相談所に登録します。父親にはそこで、一目ぼれした人とデートを

することにした、と報告します。

超堅物とニートの出会い……恋愛コメディの幕開けです。

デート!1話動画を無料で再放送




※ドラマ動画を無料で見れるサービス満点のサイト「U-NEXT」をご紹介しておきます。

過去の放送も見れて便利です。スマートフォンでも見れます。

スポンサードリンク