とりあえず第6話までのあらすじです。
リサは映画「エターナルレシピ」の制作発表会で引退を発表しようとするんですが、由樹が舞台に現れ、
私は遠野リサのゴーストライターです。遠野リサは私と先生、2人で遠野リサだと!って暴露してしまった。

神崎によって制作発表会は中断され、由樹は会場から追い出される。
そして、リサは何とか映画の制作発表会を終えた。

その後、車を運転していたリサの車に由樹が乗り込んできた。
リサが問い詰めると、由樹は私と先生、2人で遠野リサだと言っていたのに、勝手に引退を決めちゃうなんて。
私は全てを失うのに、先生は何も失わない。ズルイですよ!と告げた。

リサが、私を誰だと思ってるの?と答えると、
由樹は、あなたは可哀想な人ですね!と言って車を降りて歩き出した。
リサは車を降りて追いかけ、由樹にビンタをすると、私が居ないと何にも出来ないくせに!と言って笑った。
2人は揉み合った末、由樹は、今までお世話になりました。
ゴーストライターを辞めさせていただきますと告げると、リサはクビを宣告した。

翌朝、由樹は全ての新聞を買い込んで、記事をチェックするが、
どの新聞もゴーストライターには触れていない。
神崎と鳥飼は、リサは出版界が全力で守る。遠野リサはゴーストなど使っていないと話す。

小田は、由樹の元を訪れ、もしゴーストの存在が表に出れば、億単位の損失になります。
だから、絶対にゴーストの存在なんて認めるわけにはいかないんです!と教えた。
由樹が、諦めたくありませんと告げると、小田、何か真実を知って貰う方法があるはずです!と答えた。

小田が、遠野先生のアシスタントを頼まなければ、こんなことにはなっていなかったと苦悩を述べると、
塚田真奈美は由樹を引き受けた。

由樹が、出版社やテレビ局と関係の無い独立系のネットニュースサイトの動画ニュースに出演し、
遠野リサのゴーストライターだと暴露した。

すると、神崎は今朝、緊急会議を行なった。
駿峰社と遠野リサで、動画ニュースを乗せたワールドネットプレスと川原由樹を
名誉毀損で提訴する事が決まった!とリサに教えた。

由樹が精神異常者で勝手にゴーストライターだと思い込んでいるというストーリーを作り上げて、
裁判で精神異常者に仕立て上げるというのだ。
神崎は、遠野リサと川原由樹、生き残るのはどちらか1人だと告げた。

スポンサードリンク


ゴーストライターの最終回の結末の予想!

リサが、裁判の前に謝罪文を出すように、彼女に言ってくれない?
本当はゴーストなんてやってなかったってと頼んだが、小田は拒否した。

スポンサードリンク


息子・大樹が、書けなくなった遠野リサのために書いたのに裁判?と呆れると、
リサは貴方もゴーストライターを使った小説家の息子だと言われ続ける!と答えた。
大樹から、遠野リサを軽蔑しない。だって遠野リサは可哀想な人だから!と言われてしまう。
そして神崎からは、全てリサが選んで自分で決めたことだと言われる。

リサは母の所を訪れ、神崎はサッサと離れていく。彼は私を利用してたのよね
。私が由樹を利用していたみたいにと話した。

そしてリサは、私なんて、何の価値も無いってずっと思ってた。でもね、小説を書いたら、
みんなが褒めてくれて、私の作品を求めてくれたの。必死で書き続けたわ。
私は小説家として誰かに認めて貰えるように。やっとお母さんに認めて貰えると思ったのに。
ねえ、私、可哀想なひとでしょ。貴女の娘はこんな風にしか生きられないの!と嘆いた。

裁判が始まる。遠野リサの名前を守ると決意したリサは裁判で、小説は自分が書いたと証言した。
由樹について「1週間の無断欠勤をした」「由樹から土下座を強要されて10億円を要求された」
「デビューのチャンスを与えたが、本が196冊しか売れず、逆恨みをしていた」
「婚約破棄をしたと聞いている」などと証言した。

すると、マスコミは一斉に、由樹を虚言癖や精神異常者として書き立てたのであった。
物語の鍵は「由樹が自分の夢のためにリサのことを利用しているのか?」ということです。

結末は、どうなるのか?一度名前が売れてしまったリサはリサで、
過去の栄光のおかげで今後の人生さえも安泰となっていくような気がします。

リサと由樹の対決は、おそらく嫉妬からくるもの。リサは自分には書けないような小説を書く由樹へ
由樹はやはり天才小説家としてやってきたリサの才能と運命に・・・

でも、リサの由樹への申し訳ないという気持ちや、そうは言ってもリサを尊敬する由樹の気持ち。
そんなところから、友情のようなものが生まれてくればいいですね。

最終回はやはり謝罪会見!リサと由樹がありのままを語ります。
そして、由樹はゴーストライターとして過ごした日々のことを小説にし、
それが大ヒット!ペンネームは本名じゃ無理ですよね!

リサは、いちおう反抗していた息子とも和解して、母親と都会から離れ暮らすのです。
由樹と元カレも元に戻る事ができれば良いのにな~!!
アッ!小田さんは?由樹の事を好き?じゃないのかな・・・
やっぱり皆がハッピーエンドは無理でしょうか?

スポンサードリンク