WOWOWの連続ドラマW「日曜オリジナルドラマ」枠で、2015年2月22日から全5話で放送予定です。
『天使のナイフ』は薬丸岳による小説。2005年に第51回江戸川乱歩賞を受賞した、作者のデビュー作です。

【あらすじ】
4歳の娘とふたり暮らしのカフェの店長・桧山は、妻を13歳の少年たちに殺害されてしまった。
だが、少年たちは刑事責任を問われず、少年法によって保護されてしまう。
一方、被害者遺族の桧山や妻の母は、マスコミに追われ、生活のすべてを白日の下にさらされてしまう。

4年後。桧山は保育士で妻の友人やカフェ店員の忠告を無視して、
社会に復帰した少年たちの“更生”の結果と“現状”を、人知れず調べ始めた。

同じころ、少年たちの命が次々と狙われたことから、ふたりの刑事が桧山のもとを訪ねてくる。
かつてマスコミの前で「国家が罰せないのなら、自分が犯人を殺してやりたい!」と発言したことから、
彼は第一容疑者にされてしまう。

少年法の名の下、14歳未満の殺人犯は保護され刑事責任能力は問われない。
だが一方、被害者やその遺族は、実名も顔写真も、プライバシーのすべてがマスコミよって報道される。
そんな事件がもし、身近で起きたなら、犯人である少年たちを赦すことはできるのか。
もし、自分の子が加害者になってしまったら、更生させることはできるのか。

本作は、そんな両者の視点から少年犯罪を描き、
真の更生、贖罪について視聴者に是非を投げかける驚愕のミステリー。

スポンサードリンク


天使のナイフ!あらすじ&ネタバレ!キャストと原作は?

【主演・小出さんのコメント】
「自分の見解はともかく、正誤を判断し難い法律というものを照らす作品に関わることは初めてなので、
とても楽しみにしています」、「少年法、少年犯罪、援助交際、贖罪。
大いなる罪と法の渦の世界にただ巻き込まれ、目撃する人物を通して、自分も何かを感じたいと思います」
と意気込みを語った。

スポンサードリンク


脚本:尾西兼一
音楽:橋本しん(Sin)
演出:永山耕三
プロデュース:喜多麗子

【キャスト】
桧山貴志:小出恵介・・・カフェの店長。4歳の娘を一人で育てている。妻は13歳の少年達に殺された。
早川みゆき:倉科カナ・・・愛美が通う保育園の保育士。祥子の友人。
桧山祥子:藤本泉・・・貴志の妻。少年たちに殺害される。
福井健:千葉雄大・・・カフェの副店長。
長岡刑事:町田啓太・・・三枝警部とのコンビ。

少年A:清水尋也・・・日常の凶暴性から主犯格とみられる。
少年B:北村匠海・・・施設を出た後、定時制高校に通いながら働いている。
少年C:村上虹郎・・・成績優秀で少年Aのパシリだった。

弁護士:和田正人・・・少年たちの付添人。
三枝警部:手塚とおる・・・捜査1係
前田澄子:若村麻由美・・・桧山には言えない秘密がある。
貫井哲郎:ラサール石井・・・桧山の周囲をうろつく。確固たる理由があるらしい。
ブロードカフェの店員:桜井玲香、西野七瀬、松村沙友理

更生とは・・・本当に難しい問題です。
被害者側だったら、加害者側だったら、はたして自分はどうするのでしょうか?
重いテーマのドラマですが、観てみたいですね!

天使のナイフ!1話動画をWOWOWで無料視聴

ドラマ「天使のナイフ」の1話がWOWOWで無料で観れます。

スマートフォンでも見れるから超便利です!

この機会にあなたもWOWOWに是非、登録しましょう!

スポンサードリンク