25th Anniversary ・祝祭 『世界らん展日本大賞2015』
咲き誇る100,000株の蘭を観に行きましょう!!

開催日:2月14日(土)~22日(土)の9日間
公開時間 :午前10時00分~午後5時30分
開催場所:東京ドーム
主  催:世界らん展日本大賞実行委員会
当日券:2,200円 学生 1,300円 (イブニング券 1,700円)

★世界23の国・地域から約3千種、約10万株の蘭を展示する「世界らん展日本大賞2015」が
東京ドーム(東京都文京区)で開催されています。開幕3日間で約5万5千人もの来場者が!!

*25周年の注目はなんといっても、日本初公開の“蘭の妖精”「オルキス」!
もともと地中海沿岸地方で3~6月に咲く蘭なんです。この2月の日本での展示は本当に難しいとされていました。
まるで妖精が舞っているような形の花を咲かせ、見る者の目を引きつけています。

*国内外794作品の中から、「日本大賞」の栄冠に輝いたのは、神奈川県座間市の加藤春幸さんが育てた
「デンドロビューム スミリエ 〝スピリット オブ ザマ〟」です。
ぜひ会場で観てみたいものですね!!

*NHK・BSプレミアムで2月15日(日) 午前11:00~11:46に、『世界らん展日本大賞2015  25周年メモリアル』
のタイトルで放送されました。
番組の中では、蘭のディスプレイにエントリーする高校生の取り組みなどが紹介されました。

*審査は6部門に分かれています!
「フレグランス審査部門」、「ディスプレイ審査部門」、「フラワーデザイン審査部門」
「美術工芸審査部門」、「ミニチュアディスプレイ審査部門」です。
個人的には“ミニチュアディスプレイ”が観てみたいです♪

スポンサードリンク


世界らん展2015のフラワーデザインの入賞花は?

*気になる混雑状況を口コミで見てみました!!
混雑している所はあるけれど、全体的には気にならない程度との事!
その口コミは14日初日のものだったので土曜日ですよね。それならば、まずまずという感じでしょうか。

スポンサードリンク


でも、らん展の写真を見ていると「さすが、東京ドームで開催されるだけの事はあるな~」って感じです。
写真でこれだけ凄いんですから、間近で見ると圧巻でしょうね!!

“行って良かった”っていう口コミが多いです。それからチケットブースは空いているみたい。
前売りで見に来られてる方が多いせいでしょうね。

■25周年で生まれ変わる「オーキッド・ロード」
メインエントランスの「オーキッド・ロード」。
今回は、空間デザイナー長谷川喜美さんがプロデュースされました。ここが一番混雑していたようです。
「近づけなかった・・・」という声がありました。

*ふれあいステージでは、連日いろいろなスケジュールが催されています!
2/21(土)
11:00~11:45 植え替え実演 洋蘭「シンビジューム」笠川 徹也
12:15~13:00 蘭普及講座 洋蘭「エピデンドラム」 稲嶺 和昭
13:30~14:15 蘭ふれあい講座「らんと音楽」 五島 正
14:45~15:30 植え替え実演 洋蘭「コチョウラン」 笠川 徹也
16:00~16:45 蘭普及講座 東洋蘭・日本の蘭「エビネ」 河野 寿和

2/22(日)
11:00~11:45 植え替え実演 東洋蘭・日本の蘭「春蘭」 坂本 恒雄
12:15~13:00 蘭普及講座 洋蘭「シンビジューム」 笠川 徹也
13:30~14:15 蘭ふれあい講座「地生蘭の魅力」 奥田 勝
14:45~15:30 植え替え実演 洋蘭「パフィオペディラム」 小澤 知良
16:00~16:45 蘭普及講座 洋蘭「コチョウラン」 笠川 徹也

*アニバーサリースペシャルプログラム「妖怪ウォッチ キャラクターショー」
こどもたちに大人気の妖怪ウォッチのキャラクターショーです。ショーの最後にはみんなで「ようかい体操第一」
も一緒に踊れます。
親子で楽しめるイベントがあるのは凄~く嬉しいですよね!!

問合せ:世界らん展事務局
〒100-0011 東京都千代田区内幸町1-5-3 電通イベントオペレーションズ内
TEL:03-3591-0551 FAX:03-3591-0552(土日・祝日を除く9:30~17:30)

関連記事・・・世界らん展日本大賞2015の混雑状況やテレビ放送は?

スポンサードリンク