あなたは現在就職活動をされていますか。

会社に勤めているのであればする必要はないでしょう。

勤めている会社でリストラになったらどうするでしょうか。

最初の1,2ヶ月は落ち込み貯金を切り崩しながら生活をするかもしれません。

しかし、月日が経ちそのような行動をしていたら生活することが厳しくなります。

そのようになると就職活動をするようになるでしょう。

そこで今回紹介するのは家族全員が就職活動をするようになる

「就活家族」というドラマです。

112()から毎週木曜日のよる9時からテレビ朝日にて

放送されるドラマですとなっています。

その中で

就活家族のあらすじ

ドラマキャスト

について説明します。

どうか最後まで読んでいただけると幸いです。

スポンサードリンク


就活家族のあらすじ

大手鉄鋼メーカーで人事部長を務める富川洋輔(三浦友和)は上司からも

部下からも信頼が厚いです。彼の役割は新卒採用の面接と

リストラを言い渡すというものでした。

洋輔は同期で総務本部長の綿引から有力取引先社長の

息子の縁故入社を持ちかけられました。

上層部への点数稼ぎを促す綿引に対し洋輔は正義心が働き耳を貸しませんでした。

そんな洋輔の元に、ひとりの学生がやってきました。

その学生は以前洋輔に「君のような学生はどんな会社も必要としない」

と言われたものの5社から内定をもらっていました。

再び面接を懇願したものの洋輔は断りました。

数日後に洋輔が断った学生は取引先銀行頭取の息子だったことが判明しました。

上層部からなんとしてでも彼を入社させるように命じられました。

一方で、リストラ勧告も難航しています。

リストラ対象だった女性社員の川村優子(木村多江)が「会社に残りたい」と

スポンサードリンク


洋輔に懇願してきました。洋輔が返答を保留したことが後に大きな事態を

招くことになります。

富川家では洋輔だけでなく、妻の水希(黒木瞳)や長女の栞(前田敦子)

長男の光(工藤阿須加)もそれぞれ問題を抱えていました。

三流大学生の光は就職活動中の光はまったく内定がもらえる気配がなく、

途方にくれている中、繁華街でホストクラブから出てくる

私立中学校の教師である母の水希を目撃し動揺しました。

光は内定できないため怪しげな就活塾に出入りするようになりました。

その塾は巧みな話術で就活生の弱味につけこみ

入塾料に30万円を払わせる悪徳なものでした。

また栞も、会社でのセクハラに悩む毎日で異動を申し出ました。

しかし、その異動先が予想以上に過酷なものでした。

家族がそれぞれ問題を抱え、いずれ家族全員が就活をするようになります。

ドラマキャスト

三浦友和

黒木瞳

前田敦子

工藤阿須加

木村多江

渡辺大

新井浩文

矢島健一

山本未來

中川知香

となっています。

ベテランから若手までいる幅広いキャストです。

みなさんいかがでしたか。このドラマは後に家族が全員就活するようになる物語です。

キャストについては幅広いものとなっていることが

ご理解いただけたのではないでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク