ゾンビによる世界の終わりを迎えた後を描いたドラマ、ウォーキングデッド。
アメリカではすでにシーズン6まで放送されていて、シーズンを追うごとに人気が高まっているドラマです。

原作のコミックがありますが原作は最終回を迎えているのでしょうか?調べてみました。

スポンサードリンク


 

原作の最終回をネタバレ

ゾンビが苦手という人でも見てしまい、
またシーズン6まで続くほど人気のあるドラマです。
ゾンビはどうやって生き残れるかを考える人間を狙っていきます。

原作は「ザ・ウォーキング・デッド」というコミックです。
原作コミックもドラマと同じくとても人気があります。原作とドラマは細部がかなり違うようですが、原作はどうなっていっているのでしょうか。

原作は今の所続いているようです。現在すでに150話を超えていますが、
原作者は「300話は超える」と言っているそうです。これはまだまだ終わりそうにない!?ですね。
原作ではリーダーであるニーガンとの戦いが終了し、
ひと段落しましたがそこから2年後、さらに世界の状況が悪化してしまったなかで
今度はどんなストーリーが待っているのでしょうか。

スポンサードリンク


日本では今現在コミックは7巻まで発売されています。
ニーガントの戦いが終わりを迎え、新たな敵が現れた、という所で終わりました。
ここまでかなりの人物が死んでしまっていますが7巻では主要人物も死んでしまいます。
ここまでたくさんの人が死んでいますが、実はまだまだ生存者はいるのです。
ですがこの調子だとこれからの話がどう続いていくのか気になります。
最終回はハッピーエンドはありえなさそうです・・。

ちなみに原作とドラマの違いは、物語の違いも結構あったり、生存者が違ったりします。
原作では生きているのにドラマでは死んでしまったりします。
また名前は一緒でも性格や背景が全く違うこともあります。
この大きな違いが人気の秘密とも言えそうです。
マンガを先に読んでしまってもネタバレは全くなくドラマもマンガも同じ作品ですが
違った見方ができ楽しむことができます。

またキャラクターはオリジナルですが原作とのつながりもある
アドベンチャーゲームも発売されています。
ストーリーがしっかりできていて次どうなるのか気になっていくゲームのようです。
ただやはり苦手な人もいるのでよくレビューや説明を読んでからプレイすることをお勧めします。
原作コミックの日本語版は飛鳥新社から発売されているので
気になるという方は読んでみてください。

 

スポンサードリンク