アメリカで制作されたドラマ、クイーンメアリー。シーズン1,2と放送され、
現在シーズン3の制作が決まっているようです。
シーズン2はどんな内容なのか?
こちらではシーズン2のあらすじを書いてみたいと思います。

 

スポンサードリンク


 

クイーンメアリー シーズン2のあらすじ

まずメアリーとは、実在した人物で、スコットランドを支配していた人です。
わずか生後6日で王位についたメアリー。
16世紀にイングランドの侵略により国の安全が脅かされていた時、
メアリーはフランスの王太子フランソワと結婚することになります。
しかし王宮にいたフランソワの異母兄バッシュに次第に惹かれていきます。
フランスの王太子とその異母兄、魅力的な二人にメアリーは揺れ動いていきます。

シーズン1ではどんどん話が展開し、フランソワと結局、結婚することになりました。

バッシュは宮廷を追い出されますが、メアリーのことが気になり戻ってくるという形に。

レビューなどでもかなり多かったですがこのドラマ、かなり展開が早く、
こちらの感情がついていきません!でも、そこがまた面白いのかもしれません。

スポンサードリンク


シーズン2の最初ではフランスにペストが蔓延するというお話から始まります。
そのペストがついに宮廷まで。しかしそんな中ある人物を殺そうとする人が現れたり、
メアリーを復讐しようとする人物が出てきたり。とにかくメアリーの周りでは事件が次々と起こります。
王宮の中では必ずある権力争い、
また宗教的な争いでカトリックとプロテスタントの関係が悪くなり事件が起こったり、
プロテスタント派の人々はメアリーに対する恐ろしい計画を実行してしまうという事件まで起きてしまいます。
とくに鍵となるのはプロテスタントのコンデ公という人物。
メアリーはコンデ公という人物に強く惹かれてしまい、
コンデ公のために国を出ようとまでします。
しかしそんな時、イギリス軍がフランスに迫ってきます。
シーズン2ではメアリーがフランスを助け、衝撃のラストで終了します。

メアリーはいったい本当に誰に惹かれているのでしょうか?
日本ではあまり見ない素早い展開と陰謀や恋愛の詰まったドラマで、
毎回ハラハラドキドキな話となっています。

なんとこのドラマ、日本の少女漫画をもとにしているようです。
ちょっと変わりすぎているような気も個人的にはしますが・・

ドラマではとても綺麗な顔立ちの美男美女が
多数出演されていてそれだけでも華やかになっていますね。

是非シーズン2をご覧になってみてください!

 

スポンサードリンク