%e7%84%a1%e9%a1%8c

10月14日金曜日から放送中のサスペンスドラマ、砂の塔―知りすぎた隣人、

最終回はどうなるのか?犯人はいったい誰なのか?調べてみました。

 

スポンサードリンク


砂の塔の最終回の結末は?

平凡だが幸せに暮らしてきた家族の主婦、主人公の高野亜紀は
憧れのタワーマンションに引っ越すことになりました。

綺麗で豪華なマンションにどんな生活になるのか期待が膨らむ一家。
しかし、タワーマンションに住むセレブによってつくられた
変なルールに亜紀は驚きます。
低層階の人は高層階の人に見下されてしまうこと、
しかも小学生までもが見下している。園バスは学費の順、
強制的に様々な催しものに出席しなければならず、
欠席するとあとあと大変になってしまうというものまで。

それでも亜紀は一生懸命馴染もうと頑張ります。
そこで仲良くなるのが少し前に引っ越してきた佐々木弓子。
傲慢になることなく周りを和ませたり、
気品高い振る舞いでとても信頼できる人として見られています。
そんな中、世間では子供が失踪する事件が起き、騒がれていました。

失踪現場に必ず残されている黄色いカーネーション、
その花の意味は何なのか?
一体最終回はどうなるのでしょうか?

想像ですが亜紀は犯人かもしれない弓子のことに気付く気がします。
そして子供を失踪させている弓子を止めるのかな・・?
それとも黙秘するのか・・?

分からないですが、これまでの内容を見ると重すぎるものでもなく、
ハッピーエンドで終わりそうです。

砂の塔の犯人をネタバレ

さて、犯人はだれなのでしょうか?
今の所、佐々木弓子が犯人だと思っています。

弓子が一人でやっている事なのか誰かが絡んでいるのかはまだ分かりません。
しかし、犯人が弓子だとするとなぜ弓子はそんなことをしているのでしょうか。

誰でも変なルールで縛られているのを見れば、
親のことが許せず子どもを失踪させたくなるかもしれませんが、

弓子には何か特別な理由があるのだと思います。
しかし特別な理由があろうとやっていることは犯罪です。
そこで誰かが気付き、止めるのかどうか、気になるところです。

まとめ

演出をしている塚原あゆ子は夜行観覧車や
Nのためになどを担当していました。

このドラマを見たことのある私は今回のドラマと
本当に雰囲気が似ていると思いました。
なのでこれまでのドラマを見ると余計にハッピーエンドで
終わりそうな気が勝手にしています。

どんな結末になるのかとても楽しみです。
最終回まで見逃さないで見たいドラマですね。

 

スポンサードリンク