「家族を守れ」は、あまりにも環境の違う2人が最悪の出会いをし、反発しながらも徐々に惹かれあっていくという韓国のラブストーリー。ラブストーリーでありながら、家族の大切さを描いた感動のホームドラマでもあるのです。全123話!韓国ドラマは本当に長編ですね~。

仕事も恋も挫折した“どん底”状態の医師と、病院の食堂で働く調理師が出会い、家族を守るために奮闘するというストーリー。行き場をなくした子どもたち、親子の葛藤と和解・・・家族の愛をリアルに描いていく感動作。ドラマとはいえ“血縁”を超えた“絆”の大切さを感じられるって嬉しくなりますよね。

そこで今回は

家族を守れのキャスト

相関図

最終回の結末のネタバレ

などWOWOWプライム 韓国ホームドラマ「家族を守れ」に関することを記事にしていきます。

スポンサードリンク


家族を守れのキャスト

*チョン・ウジン:ジェヒ(32歳)…貧しい町の病院の外科医。

大学のインターン時代は一目置かれる存在だった。財閥の娘と付き合うが別れることになり、また出世の望みも絶たれる。そんな時5人の子供を育てるイ・ヘスに出会いウジンの人生は変わる。

*イ・ヘス:カン・ビョル(26)…ウジンの病院の食堂の調理師補助。

料理の腕前は抜群。7人の行き場のない子供たちを育てることになる。涙もろい。ある誤解からウジンと出会い惹かれ始める。

*コ・イェウォン:チョン・ヘイン(29)…ウジンの元恋人、ワンス食品令嬢。

美しい外見だが、性格は冷たい。親のススメで別の男性と婚約はしたもののウジンの元に戻るつもりだったし、ウジンも待ってくれていると思っていた。

*チョン・マンジェ:チェ・イルファ…ウジンの父。

*ポク・スジャ:イ・フィヒャン…ウジンの母。

*チョン・スボン:ピョン・ヒボン…ウジンの祖父、元遠洋漁船船長。

*チャ・オンシム:パン・ヒョジョン…ウジンの祖母。

*チョン・ヒジン:ナルシャ…ウジンの姉、結婚情報会社カップルマネジャー。

*チョン・テジン:シン・スンファン…ウジンの兄。

*ミナ:ロミナ…ヘスの家の居候、無名演歌歌手。

*オ・セミ:イ・ヨルム…ヘスの家の居候、高校生。

*ジウォン:ヨンミン…ヘスの家の居候、留学中に帰国した少年。

*ソン・ダヘ:チョン・ダビン…ヘスの家の居候、中学生。

*ヤン・ミンジュン:チョン・スファン…ヘスの家の居候、中学生。

*オ・セホ:イ・ジュンソ…セミの弟、小学生。

*トンベク:アレイナ…ミナの娘、幼稚園児。 他

スポンサードリンク


相関図

★韓国ホームドラマ「家族を守れ」の人物相関図はこちらです!

韓国ホームドラマ「家族を守れ!」|WOWOW

 

最終回の結末のネタバレ

まず全123話の始まりは大学病院に勤務する前途有望な医師のウジンにとっての、地獄のような一日からスタートします。教授と口約束していた専任医師の座は遠のき、一日中連絡が取れなかった恋人からはひどい仕打ちを受けます。

おまけに会社からリストラに遭わないように上司を接待した父は泥酔状態に。泣きっ面にハチ状態で、祖父の失踪騒ぎまで起こります。ウジンはすべてを忘れたいと酒の力を借りました…ところが目を覚ますと、服を着替えさせられた状態で見知らぬ人に囲まれていたのです。

とんでもない出会い方をしたウジンとヘスの2人は、本人たちはもちろん周囲にも不幸をもたらします。別の男性と婚約し、すでに過去の恋人となったイェウォンから呼び出されたウジンは、彼女から傷口に塩を塗られるような侮辱的なことを言われます。なぜ?先輩の病院を訪ねたウジンは、ヘスと再会するのですが…。

というスタートだった「家族を守れ」の最終回はどうなっているのでしょう?私の大好きな“ハッピーエンド”で~す。ウジンとヘスは1年ぶりに街で遭遇しました。当然2人の間には違和感や会えて嬉しい気持ちなど微妙な空気が流れますよね。

互いを想いながら関係は進展しない時間を過ごしてきたウジンとヘス。その2人はウジンの元恋人のイェウォンのおかげで気持ちを確認することができたのです。ヤッター!

2人は抱きあい、互いの愛を確認!結婚もして子供も授かりました。

そうそうイェウォンも新しい愛を見つけて幸せになりました。育ちのせいか、どうしても貧しい家庭などを見下す傾向がありましたが、重い病気にもなりました・・・。彼女だってツラかったんですね~。

継母との確執もなくなり、健康をとりもどして帰国。2人を祝福できる心の余裕もできました。やっぱりハッピーエンドは、観ている方も幸せになれますね。

スポンサードリンク