『THE BLACKLIST/ブラックリスト』は、2013年9月からNBC(National Broadcasting Company)で放送が始まったアメリカのテレビドラマシリーズです。第1話では視聴者数1,234万人を記録し、ライブ視聴では同日同時間帯のトップとなるほどの高視聴率を記録しました。スーパーボウルの後の放送枠が特別に与えられたシーズン2第9話の視聴者数は、なんと2,572万人!

日本ではスーパー!ドラマTVで2013年11月にシーズン1が、2015年2月17日からシーズン2が放送され、2016年1月26日からはシーズン3の放送が始まりました。そして、遂に2015年11月11日には地上波 初登場!日本テレビで、毎週水曜日 午前2時29分~3時24分にシーズン1の放送が開始されました。アメリカで、スーパー!ドラマTVで、地上波で・・・人気のほどがうかがえますね。

そこで今回は

ブラックリストシーズン2のネタバとレあらすじ

ラックリストシーズン2の最終回の結末

などドラマ「ブラックリストシーズン2」に関することを記事にしていきます。

 

スポンサードリンク


 

ブラックリストシーズン2のネタバとレあらすじ

“ブラックリスト”とは「犯罪コンシェルジュ」ことレイモンド・レディントンが過去の犯罪に協力している世界中の凶悪犯罪者達のリストのこと。レッド自身も最重要指名手配犯の一人。

❖レイモンド・レディントン…レッド(ジェームズ・スペイダー)
将来を嘱望される米軍士官候補だったが、家族を残したまま失踪。間もなく国際犯罪の舞台で国家機密情報の売買を開始、犯罪者達の仲介を務めるブローカーとして暗躍。“犯罪コンシェルジュ”として20年もの間、FBIの最重要指名手配犯の一人だった。ところが突然、FBIに出頭し、新米捜査官エリザベス・キーンとのみ話すという条件で、凶悪犯やテロリストの捜査に協力すると持ちかける。過去は謎に包まれている。

❖エリザベス・キーン…リズ(メーガン・ブーン)
常に冷静かつ勇敢に使命を果たす有能な捜査官。レディントンが自分を指名した本当の理由を探りつつ、“ブラックリスト”の犯罪者達の逮捕に尽力。凶悪犯ベルリンに雇われ自分の監視役をしていた夫トムの正体を知り、衝撃を受ける。

スポンサードリンク


❖ドナルド・レスラー(ディエゴ・クラテンホフ)
レディントンが関係した事件の担当FBI捜査官。身体能力にも優れ、エリザベスを支える良き先輩。捜査中に一緒にいた恋人が凶悪犯の銃弾を受け死亡。その悲しみから立ち直れていない。

 

 

❖ハロルド・クーパー(ハリー・レニックス)
テロリズム対策本部の本部長。犯罪者であるレディントンの指示で行動することに抵抗を感じている。捜査チームの命を狙うベルリンの部下に襲撃されるが、一命は取り留めている。

❖アラム・モジタバイ(アミール・アリソン)
クーパーの捜査チームのITスペシャリスト。チームメンバーからの信頼も厚い。エリザベスを頼もしくサポートする。

レッドと凶悪犯ベルリンの戦いが依然として続く中、レッドの前にボルティモア卿という新たな脅威が現れます。さらにレッドの過去を知る人物も登場し、事態は複雑さを増していくばかり。一方、レッドとの出会いをきっかけに、信じていた夫の裏切り、最愛の養父の不可解な死を経験し、人生が激変したエリザベス。レッドに対しては、不信感や怒りはあるものの、謎に包まれた自分の出生の秘密を知りたくて、捜査を開始するのです。

 

ブラックリストシーズン2の最終回の結末

最後にリズの記憶が戻ります。悲しい記憶が・・・
リズはレッドに「記憶が戻った。何もかも」と話します。激しく争っていた両親。母親に暴力を振るう父親、その父親をピストルで撃ったことを思い出したのです。

レッドはリズに自分のようになって欲しくなくて、彼女の記憶を封印したのでした。迎えの車が来て、2人は乗り込み、出発しました。そしてリズは、FBIの10大指名手配犯の1人となったのです。

関連記事・・・・ブラックリストシーズン3のネタバレ!最終回のあらすじは?

ブラックリスト シーズン2は22話から構成されています。アメリカでは、2015年12月7日にはシーズン4の製作が発表されていますから、日本のファンにとっては一日も早い上陸が待ち遠しですよね!

 

スポンサードリンク