アメリカのテレビドラマ「ニキータ」は、2010年にシーズン1が放送され、日本でも少し遅れて上陸しました。ファイナルシーズンである「ニキータ シーズン4」は日本で20148月から初めて放送しており、人気のニキータシリーズもここに完結しました。

そして今、全国無料のBSテレビ局「Dlife」にて、ニキータ シーズン4を視聴することが出来ます。2016年になり、再度ニキータブーム到来の予感がヒシヒシと伝わってきます。

そこで今回の記事は

・ニキータ シーズン4のあらすじは?

・ニキータ シーズン4の最終回をネタバレ?

など、ニキータ シーズン4について書いていきます。

 

スポンサードリンク


 

NIKITA / ニキータ」<ファイナル・シーズン>

 

ニキータ シーズン4のあらすじ

アメリカ政府の秘密組織「ディヴィジョン」で優秀なエージェントであり暗殺者でもあったニキータが、組織を抜けてから3年振りに姿を現します。

過去のニキータは不良少女で、死刑判決させられてしまう寸前までいったのですが、ディヴィジョンに救われ、スパイ兼暗殺者として生きていくためにトレーニングを受けました。

表向きは死刑でこの世を去ったと思われていたニキータは、任務に応じ様々な役割を演じ、ディヴィジョンのために色々と働いていました。

しかし、ある任務を遂行中、ダニエルと本当の恋人関係になってしまいます。ディヴィジョンは秘密を保持することを目的に、恋人のダニエルを殺し、その事実を知ったニキータはディヴィジョンを抜け出し、姿を隠していました。

スポンサードリンク


実はディヴィジョンの最高責任者であるパーシーは、アメリカ政府を内密的に裏切りをしており、他国の秘密機関や犯罪組織などとパートナー関係になり、自分自身の利益を追求し始めていました。

要人の暗殺、そして機密を得るために、配下であるエージェントたちを手足のように利用していました。ニキータはダニエルの復讐を考え、パーシーのあらゆる陰謀を明るみに公表し、現在もスカウトされている数多くの若者たちを救い出すため、立ち上がります。

っと、ここまでがニキータシーズン1の始まりとなります。

ではシーズン4は…

ディヴィジョンのカウンセラー的な存在であるアマンダの仕掛けた罠にハマってしまい、大統領暗殺の汚名を着せられたニキータ。警察やFBI、メディアなどがニキータの行方を捜している中、彼女は誰にも迷惑をかけることの無いように、たった一人でその無実を証明しようと考えます。

そのような彼女の元へ、これまでの仲間たちが次々と集結します。彼らと協力し合っていくことで、大統領暗殺事件の真相が徐々に判明してくるのですが、それと同時にアマンダの考える「本当の狙い」が明らかになってきます。

その陰謀は、ニキータたちが想像することの出来ないほど恐ろしいものだったのです。

 

 

ニキータ シーズン4の最終回をネタバレ

最終話では、「ショップ」と呼んでいるディヴィジョンへ技術提供を行っていた組織のトップ達を次々と殺していき、極秘の替え玉リストを入手しボスも殺してしまいます。

そこにアメリカ軍特殊部隊が突入。ニキータは逮捕され、厳重刑務所に収監されてしまいます。厳重刑務所へ訪れてくるアマンダ。少し前にライアンから受けた顔の傷が際立ち、まさに悪女らしい悪女な状態になっていました。

もちろんアマンダと対峙関係にあるニキータ。アマンダが勝利宣言をしますが、その直後にニキータを縛り付けていた手錠などが全て外れて、すぐさま身体を動かし今度は逆にアマンダへ手錠をかけます。

しかしこれは全てニキータ側の作戦であり、死亡する直前のライアンがアメリカ軍の指揮官が替え玉だというこを伝えられていたのです。その事実を利用し、わざと暴走したニキータは、最終的にアマンダの捕獲に成功しました。

以上がニキータ シーズン4の最終回のネタバレです。

それまで「ニキータ… 大丈夫か?」と絶体絶命な気分で観ていたのですが、まさかこんな大どんでん返しがやってくるとは思ってもいませんでした。これでファイナルシーズンなんて寂しいですね。なんとかシーズン5をお願いします!

 

スポンサードリンク