スーパードラマ!TVで絶賛放送中のブラックリストシーズン3が話題です。
ブラックリストは2013年9月からアメリカのNBCで放送されていたドラマであり、
視聴者数1,000~2,000万人前後を達成した超人気ドラマです。

2015年12月にはブラックリストファン待望のシーズン4の制作も発表され、
今後も決して見逃すことは出来ません。

そこで今回は

・ブラックリストシーズン3のネタバレは?

・ブラックリストシーズン3の最終回のあらすじは?

など人気ドラマブラックリストシーズン3について記事にしていきましょう。

 

スポンサードリンク


 

ブラックリストシーズン3のネタバレ

レイモンド・レッド・レディントンは、20年に渡りFBIで最重要指名手配犯の一人として記録されていました。

世界各国の犯罪者達の裏取引に協力し「犯罪コンシェルジュ」とも呼ばれている彼ですが、突然FBIまで出頭し、自身がこれまで関わってきていた凶悪犯罪者達の逮捕に全面的に協力すると話を持ちかけてきます。

 

そのレディントンの連絡係として任命されたのがFBI新人捜査官であるエリザベス・リズ・キーンです。エリザベスは時に反発しつつも、レディントンをパートナーとして数多くの犯罪捜査を行うことになります。何も話をしようとしないレディントンでしたが、エリザベスをパートナーに任命したのは、彼女の過去の出来事に理由があったようです。

 

レディントンとの出会いをキッカケとして、それまで信じ続けてきた夫トムの裏切り、最愛の養父のなんとも不可解な死を経験し、自身の人生が大きく激変してしまったエリザベス。レディントンに対しての不信感や怒りを抱えながら、多くの謎に包まれている出自を把握するべく、捜査を開始することになります。

 

そしてやがてエリザベスは、アメリカ合衆国政府・各国政府要人・企業幹部などから構成されている陰謀組織である「結社」と、極秘ファイル「フルクラム」が存在していることをつきとめます。凶悪犯ベルリンをレディントンのパートナーに仕向けた理由も、実際には「結社」による仕込みだったのです。さらに、「結社」により、ロシアのテロ工作員としてエリザベスを仕立て上げ、ロシアとの冷戦を再開を企んでいました。

スポンサードリンク


 

徐々に追い詰められてしまったエリザベスは、「結社」のメンバーの一人である司法長官コノリーを銃で殺してしまいます。その一方でレディントンは、極秘ファイル「フルクラム」を各メディアにリークし、二人はFBIと「結社」から追われることになります。

 

指名手配犯であるエリザベス・キーン、またレイモンド・レディントンの逮捕を目的とした特別捜査チームを指揮するのは、これまでエリザベスとパートナー関係にあったレスラー捜査官です。レディントンはエリザベスの身を守るため、ある取引に応じるように問いかけるのですが…

 

 

ブラックリストシーズン3の最終回のあらすじ

シーズン3も、これまでの1、2と同様に緊迫したドキドキ感のある展開が待っています。アメリカでは既に最終回が放送されているのですが、日本ではまだこれからです。

そこで最終回のあらすじはどうなるのか?っということを予想を含めて書いていきましょう。

最も気になることの一つとして、レスラーとリズの今後の関係がありますが、シーズン2ではかなり微妙な関係でした。もしかしたら最終回でロマンティックな関係に発展する可能性も十分に考えられるでしょう。

そしてもう一つがリズとレッドの関係です。

リズは、母親でありカタリーナの身を助けるために、父親を射殺したのですが、その後カタリーナが本当に助かったのかはこれまでに明らかにされていません。

関連記事・・・・ブラックリストシーズン2のネタバとレあらすじ!最終回の結末は?

このような内容が最終回のあらすじとして有力なのではないでしょうか?ブラックリストシーズン3、今後の展開が本当に楽しみですよね。
そしてブラックリストシーズン4の公開も待ち遠しいです。

 

スポンサードリンク