「待たせたな!」

2016年1月31日、ついに「さらばあぶない刑事」が全国の映画館で公開されました。

去年からあぶない刑事の最後の作品となる映画が公開されることが

ニュースになっており、あぶデカファンにとっては待ちに待った時がやってきた、

っという感じでしょう。

横浜港警察署の刑事コンビであるタカとユージの活躍を描いた

老若男女全てが楽しめる人気シリーズの完結編です。

特に30代後半以上の方にとっては懐かしくもあり、

最後のタカ&ユージの活躍は見逃すことは出来ないでしょう。

そこで今回の記事は

・「あぶない刑事」って何?

・映画さらばあぶない刑事のネタバレは?

・ラストはどうなるの?

など、さらばあぶない刑事に関することを書いていきます。

 

スポンサードリンク


 

「さらば あぶない刑事」予告編

 

 

「あぶない刑事」とは?

往年のファンからしてみれば、あえて説明しなくてもわかりきっていることですが、

まずは「あぶない刑事とは何?」ということをご紹介します。

あぶない刑事は、1986年10月~1987年9月に日本テレビ系列にて放送されていた

連続テレビドラマであり、人気に拍車がかかったことで、

映画やテレビスペシャルなど数々のシリーズが展開されました。

略称は「あぶデカ」で、横浜の港警察署捜査課所属の刑事コンビ、

鷹山敏樹(舘ひろし)と大下勇次(柴田恭兵)が巻き起こす様々な事件や

トラブルを描いたサスペンスアクションです。

全ての男性が憧れるようなスタイリッシュなセリフとファッション性、

そしてカッコいいのにコメディ色もあるという異端の刑事ドラマで、

その人気は社会現象にもなりました。

よく芸人が「行くぜ」「待たせたな」などと自然とモノマネをしていることから、

あぶない刑事を見たことが無い方でも知っているような有名な

セリフがたくさんあります。

 

映画さらばあぶない刑事のネタバレ

警察官としての定年退職まで残り5日と迫ってきていた鷹山と大下ですが、

二人は定年後に密かな夢を抱いており、特に鷹山の場合は、最愛の恋人の

夏海と一緒に新たな人生へと踏み出そうと決意していました。

そんな中、港署捜査課の課長に就任した町田の心配をよそにして、

タカ&ユージの二人は最後の最後まで悪党を退治することを心から楽しんでいました。

 

スポンサードリンク


 

刑事人生最後となるターゲットは、銀星会の残党であり、現在は新興組織の闘竜会に

所属する幹部としてブラックマーケットを取り仕切っていた伊能です。

タカ&ユージは現場を急襲し、伊能を追いますが、謎のバイク男に妨害され、

伊能に逃げられてしまいます。

しかしある日、伊能が惨殺死体となり発見されることになります。

闘竜会とロシア、中国などの各国マフィア達のパワーバランスが崩壊し始めている最中、

謎の日系人でありキョウイチ・ガルシアが二人の前に現れ…

ここまではさらばあぶない刑事のあらすじ・ネタバレとなります。

相変わらずタカ&ユージは犯人逮捕を楽しんでいて快感を味わっているようですね(笑)

 

ラストは?

では衝撃のラストはどんな展開が待っているのでしょうか?

すでに映画が公開されているので、タカ&ユージのラストを知っている方も

多いかと思いますが、知らない方のためにちょっとだけ…

全部書いてしまうと面白さも半減しちゃいますからね。

最も気になるのは「殉職するのか?」「ハッピーエンドで終わるのか?」だと思います。

公開前に流れていた予告編では、「残りの弾の数と敵の数が全く合いません!」

とユージが叫んでいました。

つまりやはり殉職か!?っと思ってしますが、そこはあぶない刑事です。

そんなトラブルは日常茶飯事で起こっています。

確かに二人は回避不能とも言える窮地に追い込まれますが、

殉職でバッドエンドになるようなことはありませんのでご安心ください。

おっと、ラストのネタバレはこの辺にしておきましょう。

まだ観ていない人は、是非映画館へ足を運び、衝撃の結末を確認してみてください。

 

スポンサードリンク