アメリカのドラマ「エージェントオブシールド」が今日本でも話題になっています。

マーベル・スタジオが制作する大ヒット映画の「アベンジャーズ」のスピンオフ作品として

放送されているエージェントオブシールド。

アベンジャーズの後の世界を描いた超大作ドラマです。

宇宙からやってきた侵略者や様々な超人たちから一般市民を守るために活動し、

死亡したと考えられていたエージェントのコールソンが復職します。

シールドは彼を筆頭とした特命チームを結成し、全世界で起こる様々な事件を

調査し解決に向かわせますが…
簡単にあらすじをご紹介させていただきましたが、

今回はエージェントオブシールドで気になる人物「スカイ」に的を絞り…

・スカイの正体は何なの?

・スカイの父親は誰?

など、スカイに関することを記事にしていきます。

 

スポンサードリンク


 

「エージェント・オブ・シールド シーズン2」予告編

 

■スカイの正体は?

e1

シーズン1のトラブルメーカーと言えば、やはりハッカーであるスカイでしょう。

シールドへハッキングをすることが出来るほどの能力を持っており、

コールソンの推薦でチームの仲間入りをしたのですが、

「やはり危険人物なのか?」と思われます。

一度はチームを脱退することになりますが、

監視付きという条件で再びチームに入ることになります。

ハッキングをすることは違法行為ですが、

何が正しい行為なのかをきちんと判断可能で、素直で良い子です。

チームの中では唯一人間らしい人物とも言え、

彼女の存在はチームに欠かすことの出来ないものとなっていきます。

が、しかし!!

スカイがどのような出生を持っているのか、

っということがシーズン1では殆ど触れられません。

ただ、第21話の中で、村を襲った正体不明の怪物の子供がスカイだということを、

ライナから明かされることになります。

スポンサードリンク


スカイは、敵に情報を奪われてしまわないように、チームの機密を暗号化したデータを

ウォードに託すことになるのですが、これが原因となってスカイは敵に囚われてしまいます。

この暗号は、スカイにしか解読することの出来ない構成になっていたことから、

裏切り者がスカイを救出するために動き出します。

最初のうちは全く気付かなかったスカイですが、徐々に裏切り者の正体がわかり、

仲間へ暴露とも言えるメッセージを残し、

それに気付いてない素振りをして自ら敵の懐へ入っていきます。

これはシーズン1の最後の方で描かれているシーンなのですが、

ここでちょっとだけ気になる描写がありました。

ハッキリとは出てきていませんが、見えるところは全て血だらけの状態で、

何やら「ふーふー」とうめき声が聞こえてきます。

かなりヤバそうな雰囲気のあることの人物… いったい。

 

 

■スカイの父親は?

e2

そう、この人物こそスカイの父親なのです。

スカイの父親は「ドクター」と呼ばれる正体不明の怪物であり、

エージェントの親族であるカルビン・ザボという名前です。

これはシーズン2の最期に科学者ザボとして登場し、

スカイの父親だということが判明します。

現在日本ではシーズン2まで放送されており、

まだシーズン3はアメリカのみのようです。

つまりスカイの父親である科学者ザボが、

どうして怪物として様々な残虐行為をしてきたのかハッキリとわかっていません。

ただ改心したスカイとザボに大きな溝が出来ていることは間違いないでしょう。

これまで日本テレビやWOWOWなどで放送されてきていましたので、

気になるシーズン3も公開されるでしょう。

その時には、スカイの父親がどのような行動を起こすのか、

それに注視する必要がありそうです。

まだまだネタの尽きないエージェントオブシールド。

関連記事・・・エージェントオブシールドのあらすじ&ネタバレ

今日本では海外ドラマが大ブームですが、このエージェントオブシールドは

あの「24」を超える人気を記録するかもしれませんね。

 

スポンサードリンク