『贖罪の奏鳴曲』はWOWOWプライムで1月24日毎週土曜 22:00から放送中。
原作は、中山七里の推理小説。
主人公の弁護士・御子柴礼司が変化していく物語と謎が解決していく物語を一緒に描きたい、と執筆。
ミステリーというだけでなく、少年法の是非や、障害者を持つ家族の実態、
贖罪の意味など様々な問題を投げかける作品となっています。

最初のシーンで死体の遺棄をしているのが御子柴(三上博史)と分かります。
こうした場合、アリバイ崩しがメインのドラマと思いきや、全く違う展開に。
また、御子柴が弁護人の東條親子の事件にもどんでん返しがあります。
いわば、驚愕の逆転法廷劇に仕上がっています。

1話の冒頭で、雨の降りしきる中、御子柴が入間川に死体を遺棄。
敏腕弁護士がすることにしては、割の合わないことです。
しかし、この謎がストーリーを引っ張っていくことになります。

御子柴の事務所にヤクザ(吉田鋼太郎)が親分の弁護を頼みに来ています。
無期懲役を何とか執行猶予にできないか、と相談。
御子柴はどんな罪名で起訴されても、必ず執行猶予を勝ち取る弁護士です。
その分、依頼人への報酬も法外に要求する悪辣弁護士。
手付き金2億、報酬3億円の提示にヤクザは帰っていきます。

御子柴が、裁判の傍聴席に。
被告・東條美津子(とよた真帆)への判決は無期懲役。
容疑は、保険金欲しさに入院中である夫の人工呼吸器のスイッチを切って殺したというものです。

スポンサードリンク


御子柴は、最高裁への上告に、圧倒的不利な状況の保険金殺人事件の国選弁護人を買って出ます。
そんな中、入間川の河川敷で死体が発見されます。

遺留品からフリーライター・加賀谷竜次(本田大輔)と判明。
搜査に当たるのは埼玉県警本部・渡瀬警部(リリー・フランキー)と、古手川刑事(白石隼也)。

スポンサードリンク


贖罪の奏鳴曲!1話あらすじ

刑務所で、御子柴が東條美津子と接見。
美津子の主人の死亡時の様子を事細かに聞いています。
多額の保険金に契約してからわずか9日後の、経営する製材所での事故は本当に偶然だったのか、なども。
美津子は半身不随の息子・幹也(染谷将太)のためにも、無罪を勝ち取ってほしいと頼みます。

御子柴は主治医、保険外交員の女とも会って話を聞いて回ります。
医師には医療過誤の有無を、保険外交員には加入のときの経緯を。

最近は、記者というよりはゴシップで当事者を脅迫し、売りつけるということを生業にしていた加賀谷です。
渡瀬・古手川のコンビは加賀谷の動きを探ることにより、御子柴を容疑者として浮上させます。

加賀谷は、御子柴が14歳の時に起こした幼女バラバラ殺害・死体遺棄で
医療少年院に入院していた過去をネタに脅迫していたようでした。

渡瀬・古手川のコンビが製材所で幹也に尋問をしているところに御子柴がやってきます。
渡瀬は「園部信一郎」、と御子柴が改名する前の名前で呼びかけ、
14歳のときの事件を語るところで1話が終了です。

スポンサードリンク