私達人間にとって生きていくためにはどうしてもお金が必要であることから、

日本国憲法には「勤労の義務」があります。

しかし人生というのはいつどんなタイミングで不運に見舞われてしますかわかりません。

何かしらの理由で働くことが出来ないこともあるでしょう。

そんな様々な事情で生活するのが困難な方に対して

「最低限度の生活を保証」してくれるのが生活保護制度です。

申請者に対して生活保護費を受給することで困窮状態から抜け出し、

生活を立て直すキッカケとして一つの方法となります。

そこで今回は

・生活保護費の受給条件って何?

・金額はケースによって違うの?その人の最低生活費って何?

・生活保護費の平均金額はいくら?

など、生活保護費に関することを記事にしてみました。

これから生活保護費の申請をご検討されている方、是非参考にしてみてください。

 

スポンサードリンク


 

■生活保護費の受給条件とは?

s1

生活保護費というのは、申請すれば誰でも無条件で受給されるというワケではありません。

国民の税金が使われているのですからそれは当然のことです。

生活保護費には受給条件が定められており、

基本的に4つの条件を全て満たしていなければいけません。

 

①身内や親類からの援助が出来ない

例えば一緒に住んでいる家族(両親や兄弟、3親等)に最低限の生活が可能な収入があれば、

生活保護費の受給は出来ません。

②資産が無い

ある程度貯金があったり、その他土地や自宅などの不動産を所有している場合には、

まずはそれら資産を売却しなければいけません。

賃貸など自分の所有物では無いところに住んでいれば生活保護費受給の対象となります。

また自家用車も資産の一つとなりますが、

病院などに通うためにどうしても必要な場合には保持が認められることもあります。

③働けない

病気や怪我などで働くことが出来ない場合のみで、「面倒くさい」

スポンサードリンク


「働きたくない」といった働けるのに働かない方は対象外です。

④一ヶ月の収入で最低生活費が不足

上記全ての項目に該当し、尚且つ年金や児童手当などの収入があって、

それでも最低生活費が不足している場合に適用されます。

 

 

■金額はケースによって違う?その人の最低生活費?

s2

生活保護の支給金額についてですが、基本的に「最低限度の生活が可能な範囲内」と

生活保護法によって決められています。

ここで覚えておきたいことが、地域によって支給される金額に多少の違いがあるということです。

例えば東京都で単身の場合、生活費83,000円以下、家賃50,000円以下の収入で

生活をしている場合には、最低生活費の条件を満たしていることになります。

「生活保護費を申請することでズバリ●●円支給される!」と断言することは出来なく、

その人の住んでいる地域や最低生活費など、

金額はケースによって変わってきますのでご注意ください。

受給自体が不可能なこともありますので、まずはケースワーカーへ相談することが大切です。

 

■生活保護費の平均金額は?

上記でご説明した通り、生活保護費は個々により異なりますが、

概ねいくら程度支給されているのかの平均金額をお教えします。

例えば標準3人世帯(両親と子供一人)の場合、120,000円~150,000円前後が平均で、

子供がいない場合には100,000円前後となります。

そして単身世帯で60,000円~90,000円ほどです。

全体的な平均受給額は120,000円程度となりますが、

住んでいる地域や状況によって大きく異なります。

あくまでも目安として覚えておくと良いでしょう。

 

いかがでしたでしょうか?

今回の記事で生活保護費に関することをある程度ご理解いただけたかと思います。

生活保護を受ける市町村によってルールが違いますので、

分からないことがあれば、まずは役場やケースワーカーに相談してみてください。

生活保護費は生活に本当に困っている方のみであり、不正受給は絶対にしてはいけません。

 

スポンサードリンク