2016115日(金)、TBS系列にて夜10時からドラマ「わたしを離さないで」の

放送がスタートします。

このタイトルを見ただけで、涙無しでは見られない物語となりそうな予感がします。

まさにその通りで、とっても悲しい物語が繰り広げられます。

そこで今回は…

・キャストは誰が出演するの?

・登場人物相関図はある?

・原作のあらすじって?

っと、「わたしを離さないで」の主要となる部分を簡単にご紹介します。

これさえ知っていれば「わたしを離さないで」がもっと楽しくなります!

 

スポンサードリンク


 

ドラマ史上かつてない「秘密」

 

キャストを紹介

k1

「わたしを離さないで」には豪華なキャストが起用されており、

物語だけではなく各キャストの演技にも注目しましょう。

主人公で保科恭子役は「綾瀬はるか」さんです。

今や超人気女優の仲間入りした綾瀬はるかさんですが、

連続ドラマへの出演は約一年半ぶりのようです。

そして次に土井友彦役として「三浦春馬」さんが演じます。

三浦春馬さんと言えば映画進撃の巨人が記憶に新しく、

派手なアクションが印象に残っています。

今回は打って変わってシリアスな物語なので、

どのような演技をするのか注目です。

そんな恭子と友彦と一緒に時を過ごすこととなる酒井美和役に「水川あさみ」さんが

起用されています。

スポンサードリンク


また「わたしを離さないで」では各キャストの幼少時代も描かれていて、

鈴木梨央さん・中川翼さん・瑞城さくらさん・真飛聖さん・伊藤歩さん・

甲本雅裕さん・麻生祐未さんなどが演じています。

 

 

登場人物相関図 (画像)

w2

「わたしを離さないで」の公式サイトを確認してみますと、

わかりやすく人物相関図が公開されていました。

それがコレ!(※クリックで拡大)

詳しくは「わたしを離さないで」の公式サイトへアクセスしてみてください。

これを頭に入れておけば、迷うこと無く物語に集中することが出来るかと思いますよ。

 

原作のあらすじは?

原作は長崎県出身の日系イギリス人作家「カズオ・イシグロ」氏です。

ドラマ化するにあたり、原作を大きく異る点があります。

原作では、

1990年代末のイギリスが舞台。

介護人であるキャシーは、ヘールシャムと呼ばれている施設で

育てられた提供者たちの世話をしています。

キャシーも同じように生まれてからずっとヘールシャムで

育ってきた提供者の一人です。

施設を出ることになり、大人へと成長したキャシーは、

閉鎖的とも言えるヘールシャムでの子供時代を回想していきます。

ある日、ヘールシャムで行われている衝撃の事実を知り、

将来の夢なんて無意味であることがわかりました…

日本人キャストと脚本で、どのような物語になるのか楽しみですね。

関連記事・・・わたしを離さないで!ドラマ主題歌は?最終回の結末をネタバレ

とにかく今は放送日が来るのを待ちましょう。

 

スポンサードリンク