サンセットツアーズに、川端哲男の娘の丸山芽衣が突然現れた。
大学進学が決まり、京都で下宿を探しているのだ。
娘から哲男の元妻の丸山美穂が再婚すると聞き、動揺する哲男。相手は、イケメンで二十歳下の公認会計士らしい。
さらに、その美穂と彼氏が、芽衣の下宿を見るついでに、京都旅行すると言う。
そこで哲男は、そのツアー、俺に任せてくれないか?
最高のプランを提案すると言い、美穂に内緒でそのツアーを請け負うことに。

川端は、京香と佐竹一郎らを巻き込む。哲男は、あいつだけ幸せになるなんて許せない。
別れさせるんだ!最悪のプランを頼む!と言う。
最低じゃないですかと呆れる佐竹。京香も、お客様が不幸になるツアーなんて嫌ですと拒否するが、
結局ツアーを引き受けることに・・・

美穂とその恋人の大倉孝彦を迎える京香と佐竹。京香は二人を、縁結びで有名な「地主神社」に連れて行く。
そこで大倉が“恋占いの石”の願掛けに挑戦するが、哲男が邪魔をする。
続いて、首塚大明神を訪れる。そこは、なにかといわくつきの観光名所で、大倉はお化けが苦手だと聞いて、
わざと連れて行くが、怖がる大倉を美穂が優しく支え、かえって二人の仲は良くなる。
その首塚大明神を去る際、大倉の携帯にメールの着信が。それを見て、急に顔色が曇る大倉。
その大倉の様子を京香はいぶかる・・・

スポンサードリンク


五つ星ツーリスト!5話あらすじ

夜は、旅館「夕里」で、大河原百合が美穂らを迎える。
美穂は、素敵な旅館だと喜ぶが、大倉は首塚大明神を出てから様子がおかしい。
夕食も、大倉は体調が悪いと部屋にこもり、美穂とは別行動になってしまう。戸惑う美穂・・・
中央管理センターに戻った哲男は、大倉の調子の悪さや、盛り上がらない二人の様子に満足している。
だが、京香は、二人の仲を裂きたいなら、後哲男さんが素直に行動するだけですよ、と言う。

京香は、哲男がまだ美穂に未練があって、できればやり直したいと思っていることを見抜いていた。
だからこそツアーを引き受けたのだ。京香は後を哲男に任せて去ってしまう。
それを桜庭兵一が励ます。営業の鬼と言われたあなたらしくないと。
桜庭は、かつて哲男がサンセットツアーズの社員で営業成績1、2位を争うほどの男だったことを知っていた。
だがその熱さで、理不尽な取引先を殴って解雇、ついには離婚に・・・

スポンサードリンク


哲男は思い切って美穂に連絡を取り、町屋バーに美穂を誘う。そこで、美穂に復縁を言い出そうとするが言い出せない。
美穂は、大倉とのことをのろけつつ、悩みを打ち明ける。結婚は無理なのかな。
未来ある若者とバツイチ子持ちのおばさんだしと・・・哲男は美穂を励ますだけ。
大倉は旅館の部屋で沈んでいた。百合に大倉はつい、嘘をつき続けるって苦しいですねと呟く。
部屋に戻った美穂。大倉は、思いつめた顔で、俺と別れてほしいと言いだす。
それを聞いた美穂は、わかったと受け入れる。二人は旅行を中止することにした。

翌日、京香たちは、美穂と大倉が旅行を中止したことに驚く。
佐竹が、別れさせる作戦が成功ってことですか?と言っていると、そこに芽衣が来る。
お父さんが仕組んだの?最低!怒る。
京香は、「夕里」にいた大倉の元へ向かう。旅行中止の理由を問う京香に大倉は、別れることにしたんですと言う。
百合は、大倉が嘘をつき続けるのが苦しいと言っていたことを伝える。
哲男は、美穂に会いに行く。だが美穂に、今回のツアー、私たちを別れさせるためだったんですって?と言われる。

京香は、大倉の抱える“嘘”にあたりをつけ、紅葉に調べてもらう。
すると、大倉は公認会計士などではなかったことがわかる。それを聞いた哲男は、大倉に、美穂を騙したな!と言う。
大倉は、美穂を騙すつもりはなかった、今年の試験に合格して、
本当のことを話してプロポーズするつもりだったと言う。
ところが、この旅行中に不合格通知が来たのだ。だから、プロポーズを諦めたのだと。
その大倉を京香は、「八大神社」へ連れて行く。そこで京香は、何かに頼りたくなる気持ちは分かるが、
最後に頼れるのは自分自身だと話す。そこに哲男が美穂を連れて現れる。大倉の前で、美穂に復縁を申し込む。
そして大倉も言う。俺は公認会計士なんかじゃないんです。
それでも僕は美穂さんを幸せにしたいと思ってます!結婚してください!と。そして美穂は大倉を選んだ。

翌日、哲男のもとに、芽衣が来る。
お父さん。孝彦さんを奮い立たせるために、お母さんに、告白してくれたんだって?
お母さんも感謝してたよ、と芽衣が言う。
これってハッピーエンド??

スポンサードリンク