たま子たちの店『ビストロ フー』はしばらくの間営業を停止する。
採算を度外視して食材にこだわるシェフの千佳がハイジと衝突し、メニューの見直しが進まないのだ。
たま子は、シェフが作りたいものを作ってもらおうと提案して皆を納得させ、試作に取り組む。
千佳は、とにかく料理、材料にこだわる。リズム取りながら、皆で料理作るのが最高です!!!
ライバル店『シンフォニック表参道』でも、いろいろと問題が・・・・

菜々美も来て賑やかな再オープンの前日、たま子は、店で身につけるために用意した6色のスカーフを皆に手渡す。
それぞれが自分の好きな色を手にする中、いまも就職活動を続けていた結実も、最後に残った赤と緑から緑を選ぶ。
ところが、運悪くオープンの日もその翌日も雨に見舞われ、3日目はとうとう雪が降ってしまう。
たま子は、集客のために鏡子たちとウェブサイトを作った。

その際、結実は、古めかしいデザインを嘲笑い、ビラを配った方がましだと発言したため、
本当にビラ配りをするはめに。するとそこに藍里が現れ、イケメン達との結実を合コンに誘う。
藍里とともにカラオケ店を訪れた結実は、そこで『シンフォニック表参道』の見習い料理人・星野と出会い…。
結美は藍里の言動にいろいろ驚く。そして結美はカラオケ店で眠ってしまい、気が付けば朝・・

スポンサードリンク


問題のあるレストラン!4話あらすじ

同じころ、『ビストロ フー』には、原宿ファッション界の著名人・伊達和美が訪れていた。
料理を褒める言葉には、美味しいの他に“あったかい”と言う言葉が有ると言う。
料理を気に入った和美は、金曜日に大切な友人の誕生会を開きたい、といって、『シンフォニック表参道』から
『ビストロ フー』に予約を変更する。それを知った門司は、ひとり厨房で悩む。

スポンサードリンク


突然、『ビストロ フー』に肉をおろせなくなったと業者から連絡が入った。ライバル店からの圧力がかかったのだ。
たま子と千佳は『シンフォニック表参道』に文句を言いに行くが、
食材を仕入れる所から勝負は始まっていると言われる。
たま子は、千佳から“アンコウ”仕入れてきて!!って言われて、厳寒の海まで仕入れに行く。
東大卒の結美は、面接で自分事を「頭でっかちの使えない人間」と言う。
自分が子供の時から心の中に押し込めていた物を吐きだした。ただただ吐きだした。

そうしたら、何と結美は最終面接に残ってしまった。
面接が終わって会場を出たら、そこには星野が待っていてくれた。
星野と車で一夜を明かした結美は、最終面接に間に合わなくなっていた。
そして、星野からお金をせびられた!!!!これって利用されてるってことなんじゃないの???????
そして、大切な誕生会の日がやって来た。8人の注文は、シェフのお任せです。
全て“アンコウ”でいく予定!皆、気合いが入ります。順調に料理が運ばれる中、藍里が偵察にやって来る。

藍里が結美は男に期待しないようにと言う。結美は藍里がバカじゃないのにバカな振りをしているのが嫌いだと言う。
そして、星野には同棲している彼女がいる事、その子にも借金している事を話す。
そして、誕生日のパーティーも無事に終わり、後はデザートだけになっていたのに、
怒った結美はそのケーキを藍里の顔に投げつけ、パーティーは台無し!!
辞めると言う結美にたま子は辞めちゃダメと言う!どうなるの???結美は?!!!!
そして門司は、やっと納得のいく味を見つけたみたいです。

スポンサードリンク