自分が自殺に追いやったホワイト化学の社長の息子が富生だと知った赤松は、
身の危険を感じて富生の周辺を探り始める。
さらに、富生から借りた金で借金を返済しに来た未央にも揺さぶりをかけ、富生の動向を把握しようと画策する。
一方、赤松に素性を知られていることに気づいていない富生 元カリスマ美容師の藍沢の取り立てを任され、
店の景気を調べる。
藍沢の家の方も調べに行くが、ブランド物はコピーばかり、大した物はない。娘は、学校に行ってなくて、
イジメられているようだ。

赤松の所に500万を返済に来た、未央だったが、赤松に情報を盗もうとしたことがバレていて、
富生の動きを知らせてくれるように未央をゆする。
紺野家に居候するようになった冨生、料理は得意なので未央と二人で食卓を囲む。
未央は富生の借金がまだ半分残っている事を知って驚く。

富生未央を藍沢の美容室へ偵察に行かせる。すると、休日にもかかわらず店内はガラガラ。
カットも普通で、予約の電話もかかってないようだ。
藍沢の娘が学校に行かず、フラフラしている所を富生は見てしまう。
近いうちに店が潰れて金が回収できなくなると予想した赤松は、家に貼り紙をして藍沢を追い詰めた末に
トバシ携帯を大量に買わせる。しかし、その手口を見た富生は何かが引っかかる。

赤松は、富生の事を調べさせていた。そして梢と冨生が元婚約者だった事を突き止める。
そして、手に入れた1,200万を他人のために使った事を梢に話す。
良心を担保にすると約束した冨生は、未央が美容院に行ってくれたから、返済ハンコを押す。
紺野家に居候し、未央と生活を共にするようになった富生は、 未央が職場の顧客情報を持ち出したことをネタに、
赤松から脅されていることを知る。 赤松の不穏な動きに不安を覚え、富生を心配する未央。

スポンサードリンク


スポンサードリンク


銭の戦争!5話あらすじ

その頃、梢に近づいた赤松は、早和子がホワイト化学と関係していたことを耳打ちする。
疑念を抱いた梢が調べると、ホワイト化学が青池グループの傘下に入っていたことが判明。
梢は早和子を問いただすが、早和子は会社の価値を知って助けただけだと答えるだけ。

藍沢の美容室は潰れそうだ。赤松から早くお金を回収するように富生たちは言われる。
梢は、赤松の会社を訪れる。赤松は梢に一緒によろしくやろうと持ちかける。
その頃、藍沢の妻が自殺しようとしている所を富生が止める。冨生は家を売るように言う。
無理な見栄をはる藍沢に娘も富生も貧乏だと認めてしまえと話す。家も店も売って、田舎に帰る覚悟をした藍沢。

ようやく、特許もおりホワイト化学も立ち直りそうで、社員たちは富生に謝る。
会社には、まだ父の写真が飾ってあった。
独自に調査を重ね、自身もホワイト化学に将来性を見出した梢は、
早和子に「ホワイト化学を私に任せてください」と申し出る。

そしてある晩、赤松が未央をゆすっていた証拠品を探し出そうと 赤松の机や金庫を調べていた富生は、
そこで、自殺した父・孝夫の借用書を見つけてしまう。
赤松が非情な取り立てで孝夫を死に追いやった張本人だと気づいた富生は、
近くにあったゴルフクラブを手に赤松の元へ。そして、未央の必死の制止も聞かず、 赤松を追い詰め、
許しを請う赤松の頭上にクラブを勢いよく振り下ろして。どうなるの????

スポンサードリンク