依子は、父親とクリスマスは例年通り、ツリーを飾りケーキとフライドチキンを食べる予定だっ

た。小夜子は、そんな依子が心配でたまらない。

依子と巧は、お互いが誘うから仕方ないと言う事でクリスマスデートをする事になった。

本来なら、「クリスマスにデート」など受け入れないふたりだが、依子は藪下俊雄(松重豊)と小

夜子(和久井映見)の、巧は谷口留美(風吹ジュン)の過干渉に辟易として、イブの直前に約束

をする。デート当日、なぜかサンタクロースの格好をした依子と普段着の巧は、カップルで賑

わう商業施設にやってくる。何と依子は鼻を赤くしていた。ところが、巧が高熱を出してしまった

ためデートは中止となり、依子は巧を自宅まで送り届けることに。

その頃、谷口家はクリスマス会の最中で、留美の美術教室の生徒や、島田佳織(国仲涼子)、

宗太郎(松尾諭)らが異常なまでの盛り上がりを見せていた。巧は自室に倒れ込んでしまった

が、依子はクリスマス会に参加させられる。

依子は、クリスマス会で芸を披露するように言われ、勢いで円周率を披露する・・・20,000桁ま

でしか言えないがという前置きに皆はドン引きです。 

スポンサードリンク


鷲尾は俊雄に依子の事が好きだと告白していた。そして、依子とクリスマスデートを申し込む

つもりだと言う。ところが、先に依子と巧がデートの約束をしてしまっていた。

同じ頃、藪下家の俊雄を、鷲尾が訪ねてくる。一人でいるのが辛いという鷲尾に、俊雄は酒を

付き合ってやる。鷲尾は、依子のためにプレゼントまで用意していたのに・・・やがて、酔いが

回った俊雄は、押し入れからサンタクロースの衣装を引っ張り出す。それを着て幼い依子のサ

スポンサードリンク


ンタクロースになったのか、と聞く鷲尾に、俊雄は依子の幼少時代のエピソードを明かす。

依子は、父にサンタクロースをやらせなかったのだそうだ。サンタが居ないとは言い切れない

と小夜子に言われる!そして依子は、本当のサンタにのみプレゼントを貰う事にすると言う。

一方、谷口家では、留美が依子に、巧の子供時代の話をしていた。クリスマスが大好きで、サ

ンタクロースの存在も信じ、両親にプレゼントも贈っていたという幼い巧の話を、依子は意外な

思いで聞いていた。子供の時は、成績もよくスポーツもでき、人気者だったらしい。

ところが自分の才能に見切りをつけた巧は、急に就職すると言い出したが、ことごとく面接で

落とされ、ある日の面接で真っ青になって帰って来てから、「高等遊民」になると言って、引きこ

もってしまったらしい。面接で何が有ったかは誰も知らない。

そして、依子と巧はクリスマスプレゼントの交換をする。依子から巧へのプレゼントは、就職支

援の資料だった。それを見て、巧は依子には心が無いと怒る。

佳織は、巧の就職のために依子が一生懸命調べてくれた事を諭し、熱がある巧を宗太郎が車

で依子の所へ送る。その頃、俊雄もプレゼントを持って依子の部屋に行き、依子のベッドで眠

ってしまう。何とそこへ巧がやって来る。キャー!!ヤバイよ~。

何と、父親と巧は不法侵入で警察に捕まった。とりあえず警察に事情を説明をして釈放され

た。幼稚園から、依子に心が無いと言ったのは14人目だった。謝る巧。鷲尾のプレゼントを父

からだと思い、喜ぶ依子。巧からのプレゼントは、自分の本を売って買った物だったが、母親

が肩叩き券に交換していた。今後の展開は????

スポンサードリンク