「鉄道員(ぽっぽや)」、「壬生義士伝」など数々のベストセラー作品を生み出す直木賞作家・

浅田次郎の小説「一路」をドラマ化した BS時代劇「一路」。

19歳という若さで参勤行列の一切を取り仕切る御供頭という任命を受けた一路が、

さまざまな苦難に立ち向かいながら中山道を江戸へ向かうロードム−ビー時代劇。

視聴者からも高い評価をえている「一路」のドラマ最終回の放送日と、

気になる結末をチェック! 

一路のこれまでのあらすじ

舞台は江戸末期。十四代将軍家茂の頃。主人公は、江戸屋敷で生まれ育った

小野寺一路という19歳の若者です。突然、父が西美濃の屋敷の失火で焼死したということ

で、父の任務でもあった「御供頭」を引き継ぐようにと国へ呼び戻されます。御供頭とは、

参勤行列の準備から道中にいたるまで、すべてのことを取り仕切るお役目。

これまで全くお役目の内容について聞かされていなかった一路は、

父が残した「行軍録」を頼りに、参勤行列を率いて江戸を目指すことになりました。

スポンサードリンク


NHK BSプレミアムドラマ一路の最終回の放送日は?スパイは誰?

 

この当時、失火はお家取り潰しにあたる大罪。まさにお家の命運を背負っての大仕事。

しかし、今回の参覲交代には、実はお家乗っ取りの陰謀が隠されていたのです。

さまざまなトラブルを乗り越えながら、行軍をすすめる一路たち。果たして期限までに江戸に

たどり着くことはできるのでしょうか?左京大夫の正室すずと、息子の一太郎の運命は?

スポンサードリンク


 

ドラマ最終回の結末予想

スパイが誰なのか?気になった視聴者も多いと思いますが、これは、7話の放送を

見たら分かりますが、8話を見ても分かります。

原作どおりなら、永山絢斗さん演じる一路と渡辺大さん演じる左京大夫一行は、

無事に期限までに江戸にたどり着くことができるでしょう。そして、将監(佐野史郎さん)が企て

ていた御家乗っ取りの策は失敗し、ハッピーエンドで終わるはず。バカ殿といわれてきた左京

大夫の本当の姿と、うつけを演じてきた理由なんかも描かれていてほしいところです。

ユーモアあり、涙あり、スリルありの一路。クライマックスに向かってスピードアップしていきます

ね。果たしてドラマの最終回はどうなることでしょうか?

 

 

最終回の放送はいつ? 

話題の BS時代劇「一路」の気になる最終回は(第9話)は、

2015年9月27日(金)午後8時〜8時43分、BSプレミアムにて放送予定です。

また、再放送は同じくBSプレミアムで2015年9月29日(日)午後6時45分からの

放送となっています。

関連記事・・・さらに詳しいネタバレはコチラ

今回は話題沸騰の時代劇ドラマ「一路の」最終回放送日と結末についてご紹介しました。

みなさんお見逃しのないように!そして録画のチェックもお忘れなく!

 

スポンサードリンク