『出入禁止の女〜事件記者クロガネ〜』は、
1月15日から毎週木曜日19:58~20:54に、
観月ありさ主演、テレビ朝日系で放送されています。
主題歌は、女性レゲエ歌手、leccaの書き下ろしの新曲「live again」。
leccaらしい力強い言葉が印象的な情感あふれるバラードです。

観月ありさは、京都タイムスの社会部遊軍記者・鉄 忍布(くろがね・しのぶ)。
前身の京都新報時代は何度も硬派な告発記事を書き、受賞経験もある名物記者でした。
忍布は社会部の記者として、大胆、かつ粘り強い取材を武器に突撃取材を敢行します。
しかしそれが災いして、取材先から出入禁止を突き付けられることも度々です。

レギュラーキャスト。
社会部デスク・古林千華子   財前直見
社会部記者・美馬健作      宅間孝行
社会部記者・胡桃沢洋      甲本雅裕
京都府警警部補・二宮正人   益岡徹
京都府警刑事・魚住勝     谷内伸也
京都タイムス社主・磯村憲吉  小林稔侍
鉄忍布の息子・一路      前田旺志郎

スポンサードリンク


出入禁止の女〜事件記者クロガネ〜             主題歌    キャスト            1話       ネタバレ

「京都新報」は、磯村憲吉によって買収され、「京都タイムス」としてリニューアル。
売り上げ重視、大衆に親しまれる紙面づくりに方向転換しようとするのですが、
この方向転換に社員たちは反発、次々と退社してしまいます。

スポンサードリンク


そんな中、元全国紙記者の古林千華子が京都タイムズに中途採用で入社してきます。
表立って反抗はしませんが、我流を押し通そうとする忍布を疎ましく感じ、
やがて二人は激しい対立を繰り広げることになります。
磯村憲吉に買収され、急な社名変更に慌てふためく京都タイムス本社。

しかし、京都市内のマンションでホスト・栗原誠(八代真吾)の死体が発見されたという
一報を受け、社会部は慌ただしい朝を迎えていました。
社会部遊軍記者・忍布は、デスクの古林千華子から
新人記者の美馬健作の取材に付き合うよう命じられます。
それはホスト殺人事件ではなく、いわゆる「ヒマネタ」でした。
内容を聞いた忍布は、美馬に取材を押し付け、踵を返します。
取材先の所轄署は出禁だから、と。

京都新報時代の先輩記者で現在、在阪局のワイドショーの司会をこなす
人気キャスター・南条夏生(西村雅彦)に会うために、
忍布は、大阪のテレビ局のスタジオを訪れていました。
久しぶりに会った南条は、東京のテレビ局から声がかかり、
いよいよ全国区に打って出ることを打ち明けます

しかし、南条はなぜかホスト殺人事件の捜査に興味を抱いている様子です。
殺されたホスト・栗原の恋人、中山香織(小橋めぐみ)は7年前に起きた、
東山ストーカー殺人事件被害者・中山涼子(藤井愛美)の姉でした。
香織は南条にストーカー事件の相談をしていたのです。

南条は栗原に会い説得しますが揉み合いになり
突き飛ばして気絶させてしまいます。
様子を見ていた南条の妻・みちる(中山忍)が部屋に入ると
栗原から夫のことで脅かされます。
栗原を殺した犯人は、南条の妻でした。

スポンサードリンク