■敬老の日とは
「敬老の日」は、国民の祝日に関する法律よれば、「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う
ことを趣旨としているとなっています。

2002年(平成14年)までは毎年9月15日を敬老の日としていましたが、2001年(平成13年)の祝日法改正いわゆる
ハッピーマンデー制度の実施によって、2003年(平成15年)からは9月第3月曜日となりました。
ところが、初年度の2003年の9月第3月曜日が偶然9月15日であったため、敬老の日が9月15日以外の日付になった
のは、2004年(平成16年)の9月20日が最初なんです。

◆敬老の日の始まりは?
兵庫県多可郡野間谷村(後の八千代町を経て現在の多可町八千代区)の門脇政夫村長と山本明助役が1947年
(昭和22年)に提唱した「としよりの日」が始まりです。

「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」と、農閑期にあたり気候も良い9月中旬の15日
「としよりの日」と定め、従来から敬老会を開いていたとのこと。これが1950年(昭和25年)からは兵庫県全体で
行われるようになり、後に全国に広がったそうです。

その後「としより」という表現は良くないということで1964年(昭和39年)に「老人の日」と改称され、
翌年に野間谷村からの政府への繰り返しの働きかけもあり、国民の祝日「敬老の日」に制定されました。

「こどもの日」・「成人の日」があるのに「敬老の日」がないのはおかしいと声を上げ続けたらしいです。
敬老の日は日本以外の国にはない祝日です。

スポンサードリンク


さて、近頃お元気なお年寄りの方々ですが、何歳ぐらいから「敬老の日」のお祝いをすれば良いのでしょうね?
年より扱いするな!と怒られそうですもんね。

スポンサードリンク


敬老の日とはいったい何歳から?その年齢は?とはいったい何歳から?その年齢は?

 

◆何歳ぐらいから「敬老の日」?
定年が60歳で、その後悠々自適だった時代は、60歳で『還暦のお祝い』をしてお年寄りの仲間入りだったよう
ですが、今では現役バリバリの場合も多いですよね。

アンケートを取ってみると、全世代で半分近い方が70歳以上と考えているようですね。
20代から40代の半数以上が60歳以上が敬老の日と考えていて、逆に敬老の日の対象と考えられている60代以上の方
は70歳以上が敬老の日対象と考えているんです。

世代によって老人と考える年代がばらばらで断定できませんが、アンケート結果から敬老の日は70歳以上が
一つの目安になるかもしれません。

けれど一般的には「老人」とは「個人によって考え方が違うので、何歳からとは限定できない」という認識が
強い様子。
老人の年齢がハッキリしない以上、敬老の日を祝うタイミングも人それぞれ。何歳からでも間違いにはなりません。

敬老の日を祝うキッカケとして一番多いのは、「孫が生まれてから」というパターンのようです。
本来の敬老の日とは少し趣旨は変わってきますが、敬老の日を「孫がおじいちゃん・おばあちゃんに感謝を伝える
」として祝うという人が多いようですね。

スポンサードリンク