2話のゲストは大沢ミノル役で東幹久
「サンセットツアーズ」を利用して、家族で京都旅行。
ツアーの担当者は新入社員の佐竹一郎(山本裕典)。
「困ったことがあったら何でも言ってください」の一言が……。

族旅行を楽しんでいるミノルに愛人の夏目志保(松本莉緒)から連絡が。
京都へ出張と聞かされていた志保は、二人で旅行を楽しもうとやって来たのです。

あわてたミノルは、佐竹を呼び出し、家族と志保に気付かれないよう、
夫々の旅行プランを立ててほしいと頼み込みます。
困った佐竹は、高瀬京香(渡辺直美)に助けを求めます。

不倫の手助けなんかしたくない、と断る京香ですが、パズルが趣味の京香は、
ミノルの会社から、超レアなパズルが入手できると聞き、心が揺れます。
京香はパズルをしながら旅行のプランを練ります。
最後の一枚がカチッと嵌った瞬間に「よしっ、決まった!」

食事処では、隣り合わせのラーメン店へ案内し、ミノルを行き来させます。
八坂の塔へ行くには川端哲男(寺島進)のタクシーが一役。
案内役の沢村紅葉(高月彩良)がミノルの家族と
志保の距離を適度に取るようにします

宿は、大河内百合(有森也実)が女将をつとめる旅館「夕里」へ。
双方が鉢合わせしないように配慮したのですが、ミノルと志保が一緒にいるところに、
佐竹に連れられた妻・和美(中島ひろ子)と娘・ほのか(遠藤璃菜)が通りかかります。

スポンサードリンク


京香が機転をきかせてごまかすのでが、和美と志保は感づいた様子。
京香は、不倫の手助けを引き受けたことに後悔します。
その京香に、志保は「梅宮大社に行きたい」とリクエスト。

スポンサードリンク


五つ星ツーリスト!高瀬京香の趣味は何故パズル?2話あらすじ

その夜、ミノルは、ほのかから「パパ、いつもお仕事を頑張ってるから」と、
旅館で買ったお土産をプレゼントされ、罪悪感に襲われます。
家族が寝静まったのを見計らって志保の部屋に行くミノル。
志保は、ミノルが家族旅行で京都に来ていたことを察していました。
愛人のままでいいと強がる志保に対しても、罪悪感が芽生えるミノルです。

その頃、中央管理センターに戻っていた京香は、
佐竹から和美が櫟谷七野神社に行きたがっているという話を聞いて考え込んでいました。
佐竹は、志保の行きたがっている「梅宮大社」と、和美の行きたい「櫟谷七野神社」との
距離が離れていて、両立が難しいから悩んでいるのかと聞くのですが、
何か曰くがありそうな様子です。

翌日、京香はミノルに、櫟谷七野神社と梅宮大社に、
両方を掛け持ちして行くこともできますが、本当にそれでいいんですか、と尋ねます。
浮気封事の櫟谷七野神社、子授けの梅宮大社。

ミノルは家族の待つ櫟谷七野神社を選びました
志保は京香に案内されて吹っ切れたのか、サバサバした様子で東京へと帰って行きました。

高瀬京香がドラマの中で組み立てていたのは、(株)ビバリーのジグソーパズル。
立体のものは、脳トレパズル3Dです。

スポンサードリンク