2015年 (平成27年)
彼岸入り  9月20日(日)

中 日   9月23日(水)
※秋分の日

彼岸明け  9月26日(土)

彼岸は雑節の一つで、春分・秋分を中日とし、前後各3日を合わせた各7日間で、
この期間に行う仏事を彼岸会と呼びます。
※雑節とは、二十四節気・五節句などの暦日のほかに、季節の移り変りを適確に掴むために設けられた、
特別な暦日のことです。

【由 来】
彼岸会法要は日本独自のものです。
彼岸の仏事は浄土思想に結びつけて説明されています。

浄土思想で信じられている極楽浄土は西方の遙か彼方にあると考えられていて、
西方浄土ともいわれています。

春分と秋分は、太陽が真東から昇り、真西に沈むので、西方に沈む太陽を礼拝し、
遙か彼方の極楽浄土に思いを馳せたのが彼岸の始まりです。

スポンサードリンク


秋のお彼岸2015の期間はいつからいつまで?

 

【現在の彼岸について】
元々は、心に極楽浄土を思い描き、生を終えた後、浄土に生まれ変われることを願う、
という考え方に基づいていました。
しかし、いつの間にか生を終えた祖先を供養する行事、として定着するようになりました。

【彼岸とは】
「春分の日」と「秋分の日」を中日として、前後3日間を合わせた7日間のことをさします。
彼岸に入る日のことを「彼岸入り・彼岸の入り」といい、彼岸の終わる日のことを「彼岸明け・彼岸の明け」と
いいます。

彼岸の中日である春分の日と秋分の日は日付で決まっているわけではありません
つまり、毎年の彼岸の時期も確定しているわけではありません。

「春分・秋分」とは、太陽が春分点・秋分点に達した日のことをいいます。
この日は、太陽は天の赤道上にあり、ほぼ真東から出てほぼ真西に沈みます。

「春分の日」と「秋分の日」は国立天文台が作成する「暦象年表」に基づいて閣議によって決められます
毎年2月1日付で翌年の該当日が発表され、国民の祝日であるため、官報にも掲載されます。
※2年後以降の春分の日・秋分の日は天文学で推測することはできますが、確定しているわけではありません。

【彼岸と墓参り】
春分と秋分は太陽が真東から昇って真西に沈み、昼と夜の長さがほぼ同じになる日です。
彼岸にお墓参りに行く風習は、この太陽に関係しています。

仏教では、死後に到達する悟りの世界を彼岸といい、反対側の私たちがいる迷いや煩悩に満ちた世界を此岸
いいます。

彼岸は西に、此岸は東にあるとされており、太陽が真東から昇って真西に沈む春分と秋分は、
彼岸と此岸がもっとも通じやすくなるとの考えから先祖供養をするようになったのです。

スポンサードリンク