二匹の龍の目的は20年前殺された結子先生の敵を討つため。
新宿でホームレスが殺害される事件が相次いで起こり、
イクオたち新宿第二署は雑用担当になる。
若頭の竜哉は、誰彼かまわず疑ってみる事にしたらしい。
お茶も下の者に毒見をさせる。

我慢できなくなった美月はイクオに提案し、独自で捜査を開始する。
 被害者の三人は皆、足を痛めていたらしい。
本庁の刑事には、ホームレス仲間は情報を話してなかった。
でも、美月とイクオには話した。

それは、二人がホームレスを名前で呼んだかららしい。
そんな中、二人は男がホームレスを襲撃している現場に遭遇。
犯人を取り押さえ被害者に事情を聞こうとするが、すでに姿はなく…。
 ただ、犯人はあいつのせいだからと繰り返していた。

所轄が勝手に動いた事で本庁は皮肉たっぷりだが課長の三島が庇ってくれた。
第一警察署の蝶野からも余計な事をするなと言われてしまう。
イクオは、襲われていたホームレスを見つけ、差し入れをする。
話を聞くためだ。

一方、“金時計の男”の手がかりを探す竜哉は、闇医者の劉宗鉉から新情報を入手する。
竜哉はポンと300万を渡す。竜哉もホームレスに目を付けていた・・・
イクオはホームレスから、今は幸せだと言っていた。
しかし、怪我を見せろと言っても何故か見せない。
そのホームレスは、突然現れた男に岩佐だなと言われ襲われる。
イクオが助けるが拳銃を撃ってきた。

駆けつけて撃たれた、美月によれば発砲した男は元優秀な刑事らしい!!
名は九条と言う。結子先生の殺害に関わった人間の一人と思われる。

スポンサードリンク


スポンサードリンク


ウロボロス!ドラマ4話のあらすじは?

ホームレス殺害の本部は解散となりそうだったが、
犯人は1人しか殺していなくて他の2人は別の人間がやったことだ。
しかし、本庁は握りつぶしにかかっている。
九条は電話で誰と話しているのか“殺し過ぎだ”と言われている、
電話の相手は一体誰?

美月の父は娘を見舞うが、二人は揉める。母親の事で過去に何か有ったようだ。
課長が美月の父に今度の怪我の件で謝るが、美月の父から頼みが有ると言われる。

竜哉に何か情報が入った・・・ 蝶野はイクオの後を付けている。
イクオは、結子先生と楽しく話した時の事を思い出していた。
竜哉は岩佐を見つける。そこに九条が現れ発砲を繰り返す。

その頃、イクオを付けていた蝶野はイクオにまかれる。
竜哉が九条に撃たれた!!!それでも九条を探す竜哉の前に九条が現れた。
九条はやくざを恨んでいた。九条がやくざを摘発したために、
その妻と子供が殺されていたのだ。

竜哉が危うい所へイクオが現れ、九条を倒すが、九条は岩佐を殺そうとする。
その理由は息子の命を助けると言った者がいたのだ。
そして、九条も口封じのために殺される。
岩佐もまた、口封じのために殺される。
岩佐は確実に結子先生の殺害について何かを知っていた。

そしてイクオは、結子が岩佐を殺した事を思い出した!!
結子が拳銃を持ち出し、これから何が起こっても強く生きろと言った事も思い出した。

真実はどうなっているの???

スポンサードリンク