■台湾旅行のお勧めの場所は?
◆台湾の基本情報
*首都:タイペイ(台北)
*言語:中国語

*通貨レート:1 ニュー台湾ドル= 3.7円 (08/28)
*台湾治安危険:「現在 危険情報は出ていません。」
*世界治安危険度ランキング:28 位 / 163カ国

*フライト時間:4時間(直通:羽田~台北)
*水:水は飲まない方が良い。氷も注意。
*チップの有無:不要。気持ちでチップ。

*英語:ホテルなど観光関係は通じるがそれ以外はあまり日本と変わりない。
*ビザ:90日以内の観光なら不要だが、出国の航空券か船券が必要。
*電圧とコンセント:110Vで基本的に日本と同じものが使える。

タイペイ(台北)は台湾の首都で、北の北端に位置する。台湾は沖縄の石垣島などとほぼ同緯度にあり、
年間を通して温暖。明確な四季はない。
台北の観光シーズンは一般に10月~5月頃と言われているが、特にベストシーズンは過ごしやすく雨も少ない10月頃から1月。基本的に温かいが、12月~5月までは朝晩冷え込むことがあるので一枚上着を持参しよう。

2月頃は旧正月にあたり、観光客が増える。お店などが閉まることも多いので注意。
夏にあたる6月~9月はかなり暑いうえ、かなり強力な台風もかなり頻繁に発生する。沖縄の台風をイメージすればわかりやすい。ただしその時期はマンゴーなど南国フルーツが旬となる。

◆観光スポット
❖九份
九フン(きゅうふん、ジュウフェン)は、台湾北部、台北県瑞芳鎮にある山あいの町。

2001年に公開された「千と千尋の神隠し」モデルと噂されて、日本人観光客が急増。台湾人観光客と一緒に大盛り上がりしている観光地。夕暮れ~日が暮れる間が最も幻想的でノスタルジックな雰囲気です。

❖台北101
台北のシンボル的存在「台北101」
101階建て508メートルという世界有数の高さを誇る台北101。2007年にドバイのバージュカリファに抜かれる
まで、世界一の高層建築物でした。

スポンサードリンク


台湾旅行ガイド!オススメの場所や時期は? 台湾旅行のお勧めの場所や時期、準備する持ち物、料金、 気候や温度、旅行者の感想・・・など

 

❖中正紀念堂
中華民国台北市中正区に位置する総統蒋介石の顕彰施設。台湾の三大観光名所の1つであり、中国の伝統的な
宮殿陵墓式が採用されています。中正紀念堂の「中正」とは蒋介石の本名です。

スポンサードリンク


台北市の中心部にあり、杭州南路から西、中山南路から東、愛国東路から北、信義路から南に囲まれた区域で、
敷地は25万平方メートルにも達する広大な場所です。

❖士林夜市
台湾台北市士林区にある観光夜市です。夜市の名が示すように夕方になると常設店舗の前などの路上に小吃と
呼ばれる飲食物や衣料品、生活雑貨、遊戯などの様々な屋台が所狭しと出店し、多くの来客で賑わいます。
日本人観光客も多く訪れることから、多くの店では日本語が通じ、日本語のメニューも用意してあります。

❖北投温泉
台北市北投区にある有名な温泉街で、新北投温泉ともいいます。北投温泉は、天然のラジウム泉として知られて
います。また硫黄の成分も多く、町には硫黄の臭気が漂います。台北からMRTで気軽に出かけられる場所にあり、最近では有名旅館の加賀屋も進出している話題の観光スポットなんです!

❖龍山寺
台北、最強のパワースポットと名高い龍山寺(ロンサンスー)。台湾で最も古いお寺で、観光客が訪れるだけで
なく、台湾の方々も熱心に参拝する有名なお寺なんです。創建約270年で、凝った装飾が施された建築物は一見
の価値あり。願い事をすればご利益があると地元の人からも厚い信頼を受けています。

❖淡水
台湾のベニスと言われている「淡水」!かつて世界に向けて開かれた港だったことから、異国情緒を色濃く残していて、地元で人気のデートスポットなんです。

【感想】
*九分は台湾でも人気のある街並みだと思っております。また、この街並みは屋台などがとっても多いと思って
おります。また、この街並みにはいろいろとみることができました。

*国立故宮博物院
大陸からのお客様が増えて今では平日でもかなり混雑しております。ぞくぞくと観光バスで押し寄せていると
言っても過言ではありません。入口から入場して右手にエレベ-タ-があるので、それに乗って302号室へ
まっしぐらです。ジックリ目に焼き付けてこれました。

写真撮影は厳禁です。携帯での撮影も厳禁です。外国人の撮影者を見かけましたが、恥ずかしいので絶対やめま
しょう。

スポンサードリンク