京都で開催されている映画祭に、人気俳優の春川優也がやって来た。
優也の大勢のファン中に、高瀬京香の姿も。
優也の大ファンの京香は、優也を一目見ようと、駆けつけていた。
その脇を、佐竹一郎が関係者しか入れない優也の控室へと入って行く。

どうしてそこに入れるんですか?と京香。浮かない顔の佐竹。
優也が、映画祭のついでに京都観光を希望しているのだと言う。
大手旅行会社が担当するはずだったんですけど、
あの春川優也って相当ややこしいらしくて、その会社が担当をおりたんで、
数社の旅行会社が呼ばれて、今からプレゼンしろって。
一番いい企画のところを採用するそうですと言う。私もついていっていいですか!と、
京香は強引に佐竹についていく。優也がクレーマーだと言われたからだ。

控室の優也は、担当者たちを怒鳴り散らしていた。そこへ佐竹と京香が入っていく。
佐竹が、京都ツアーのプレゼンを始めるが、優也は次々とケチをつけ、
全然心躍らねぇな~とか無理難題を言い出す。
そのうえ、京香のことを「このブーちゃん」とバカにし、サインをねだると、
自分でサインせずに、マネージャーに代理でさせる始末でショックを受ける京香。

優也に、京都をわかってないお前らにツアーは任せられないと言われ、京香はキレる。
わかってないのはどっちだ!と。すると優也はその言葉に「面白い。じゃあやってみろ」と・・・
戸惑う佐竹。結局、京香と佐竹が優也のツアーを引き受けることになった。

サンセットツアーズに戻った京香は、優也から受けた言葉がショックで泣いている。
片や佐竹は、どうして引き受けたんですか!?
あんなクレーマー、ブログに中傷でも書かれたらと困る。京香は、カチンと来たからと・・・
しかも優也は、アイドルのメンバーとのスキャンダルで、大勢の報道陣にも追われていた。
街中で存在に気付かれれば大変。

スポンサードリンク


五つ星ツーリスト!第4話のあらすじ

それでも翌日、京香と佐竹は優也の京都ツアーを決行。道中では、契約ドライバーの川端らが協力して、
殺到する報道陣やファンを撒いて行く。佐竹が優也になりすまして・・・
優也は当初、京香と佐竹を見下していたが、京香に案内されるうちに、次第に京香らを見直し、打ち解けてくる。

スポンサードリンク


気を許した優也は昔、京都の修学旅行で、“お互い日本一になったら結婚しよう”って
言いあった子がいたんだ。と中学時代の話を打ち明けた。京香の案内は一流、お昼は御握り。
優也は久しぶりに伸び伸びする。

夜は、大河原百合が女将の旅館「夕里」に宿をとり、初日を終えようとするが、
優也は、舞妓遊びだ。“京都一の舞妓”を連れてこい!と言う。
京香は百合に頼んで、舞妓を手配してもらおうとするが、突然すぎて百合も困ってしまう。
そこで、舞妓の経験もあるという沢村紅葉が、舞妓になって優也のもとへ行くが、
優也は舞妓なんかじゃないと紅葉を追い返してしまう。優也に困惑する京香と佐竹。

マネージャーの里見が現れ、優也に、スポンサーが京都に来ているので、
挨拶に行ってほしいと言う。優也は嫌気がさして、俳優を辞めるとまで言い出す。
恋愛スキャンダルも、の売名行為のため、ねつ造されたものだった。
役者としてやりたいことなんてないし、金のために利用されるのはもう嫌だ!と言う優也。

京香が割り込んで「優也さんが役者であることで、多くの人が励まされています!
役者を辞めないでください!」と言うが、うるさい!さっさと京都一の舞妓を連れてこい!
と怒鳴る。 京香や佐竹らは、京都一の舞妓探しに走り回るが、
舞妓に一番も二番もないと置屋の女将は言う。

じゃあ、京都一ってどういうことだよ・・・と佐竹。
そのとき、京香は、置屋にいた若くて美しい芸妓・鈴千代が、
優也と同じキーホルダーを持っていることに気付く。
そして、優也の望む、京都一の舞妓の意味が分かる。

京香は、芸妓の鈴千代を連れて優也の元へ。優也は、鈴千代を見て、お前、美月だろ!言う。
鈴千代こそが、中学時代の優也が告白した初恋相手だった。
キーホルダーは、優也が美月に送った縁結びのキーホルダー。
当時の美月は“京都一の舞妓”になる夢があるので、
優也とは付き合えないと断っていたのだ。

俺は日本一の役者になった。俺と結婚してくれと優也は言う。
だが美月は、自分はまだまだ芸妓として勉強したい。
お互い夢を叶えた時にまたお会いしましょうと言う。
美月は優也のもとを去った。
優也は、翌年の大華ドラマの主役に大抜擢された。

スポンサードリンク