森山院長代理の身勝手な振る舞いのせいで患者が激減してしまった堂上総合病院。
バカンスから帰って来た院長のたまきは、自分が守ってきた病院の惨憺たる有様に
激怒するが、当の森山はまったく堪えていない様子
そんな彼を見て佐々井らチーム森山の面々はこのまま病院にいても良いのか
真剣に悩み始める。彼らの葛藤を察知した相良チーム森山の後釜探しに動き出す

ナース達は大丈夫ですと言う。たまきは相良先生にこれからもよろしくと言うが、
相良は自分は一勤務医ですよと皆の前で言う。
森山は相良に、辞めたければ辞めれば良いと言うが、たまきに一喝される。

森山が、腹腔鏡の手術器具で鶴を折る動画をアップした事でたまきは怒る!
森山は、何の自覚も反省も全くない。
でも、先生たちはその動画を見て、大したものだと話し合う。
森山派の先生達は堂上病院を辞めるかもしれない・・・

皆川先生は看護師の宮部に相良先生が辞めるかどうかに振り回されてはいけないと話す。 
もしかしたら、辞めるかもと言っている先生方の代わりを相良は他の先生を積極的に探す。
病院に出入りしているMRから森山の動画は、鶴の次が亀だと言う事を聞き、
たまきは激怒!!

ところが、その動画を見た中国の富裕層から腹腔鏡手術のスペシャリストを探している
らしい。 どうしても名誉を回復したい森山は突然、潰瘍性大腸炎を発症した高校生・幹生の
手術を担当すると言い出す。だが、それは中国から見学に来たギャラリーのために
自分が得意な腹腔鏡手術の腕を見せることが目的だった。

スポンサードリンク


スポンサードリンク


最強名医~DOCTORS3~4話あらすじ

幹生は森山の説得に応じ、腹腔鏡を選択する。
ただ、他の先生方は森山先生の助手になりたがらない。
結局は相良先生が助手につく事になる。

相良は幹生にどうして堂上病院を選んだのかを聞いた。
幹生はかかりつけの病院だし、自分も父親もここで生まれたから、評判は関係ないと話す。
相良は皆が辞めた後の先生を順調に決めていく・・・・

森山は飲みにいってホステスに本音を言う。良い所を見せないと、チーム森山が離れていってしまうからだと言う。
皆川先生に土下座をして、森山を調子にのせた所までは合っている、そして病院を落ちるところまで落とし、
皆に危機感を持ってもらう事が目的だと相良は話す。

そして多くの中国人のギャラリーが見守る中、森山は腹腔鏡手術が始まる。
助手は相良が勤める。 でもチーム森山は、案外結束強いかも・・・
順調に手術を進めるが、そこには思わぬ落とし穴があった!何と腸が破れた!
森山のミスだ
手術を続行しようとする森山に“開腹手術に切り替える”と相良は反論する。

動揺する森山に患者を助けるためのもので、
ギャラリーに対するショーではないと相良は諭す。
結局開腹に切り替えて手術は成功する。
たまきは、開腹手術に切り替えた事で森山先生を褒める。
そして、相良はチーム森山に代わりの先生は来られなくなったと話す。
チーム森山は復活!!何もかも相良先生の思惑通り!

スポンサードリンク