昨年8月にNHK・BSプレミアムで2回放送されたドラマです。
今年は7月と10月に4回ずつ、全8回放送。

主人公は、前作と同じく男二人組の人気少女漫画家、真田 錦と山田二郎。
中村 蒼と柄本時生が演じます。

【第5話~第8話】
NHK・BSプレミアム
10月6日・13日・20日・27日 (火) 23:15~23:45

【ストーリー】
主人公は、男性2人組の漫画家「姫川ロザンナ」。
真田 錦と山田二郎のコンビです。

「鬼」と呼ばれる敏腕編集者に育てられた2人は少女漫画家としてデビュー。
少女漫画家として活躍する二人ですが、本当に描きたかったのはグルメ漫画でした。

そんな二人の家の書庫は、美味しそうな料理の描かれた本が満載。
締め切りに追われ、目の前の現実に耐えられなくなった時、二人が逃避する先はその書庫。

締め切りに追われるたび、お気に入りの料理を書庫の本の中から探し出し、
締め切りも忘れてキッチンで料理を始めてしまうのです。

【料理・原作】
「しめサバのサンドイッチ」・雁屋哲/花咲アキラ『美味しんぼ47巻』
「すきやき丼」・土山しげる『極道めし 5巻』
「ひじきのパスタ」・ヒキタクニオ『俺、リフレ』

「西瓜チャーハン」・西ゆうじ・ひきの真二『華中華 7巻』
「鯵のたたき定食」・川上弘美「真鶴」
「エビやマッシュルームをにんにくで炒めただけの、文句のない一皿」・
江國香織「号泣する準備はできていた」

スポンサードリンク


本棚食堂は面白い?ドラマ視聴者の感想は?

 

【視聴者の感想】
◆締め切りに追われた漫画家デュオが現実逃避のために料理を作って食べる、というのがメインのドラマですが、
ストーリー自体はイマイチ。
しかし、料理は美味しそうだった。

スポンサードリンク


◆ドラマとしては新しい試みだと思いますが、料理の背景のエピソードがやや弱い気がします。
もっとメジャーな本を選ぶとか、突飛なエピソードをモチーフにするとか……。
◆毎回、料理が美味しそうなので、いっそのこと、こちらをメインにした方がいいのでは。

【まとめ】
漫画、小説に登場する2次元グルメを、完全再現するドラマですが、
内容より料理への関心を持つ方が多いようです。

「あの本の主人公が作っていた料理って本当に美味しいの?」
そんな好奇心を満足させるグルメドラマでしょうか。

【キャスト】
真田 錦 (中村 蒼)
3人の姉にいたぶられながら育てられ、女性が苦手に。
「姫川ロザンナ」としては男性キャラクターの絵を担当。

山田二郎 (柄本時生)
自意識過剰の妄想家。
「姫川ロザンナ」としては女性のキャラクターの絵を担当。

梅ちゃん (山下リオ)
「姫川ロザンナ」のアシスタント。
クールで仕事はできるものの正体は不明。

桜田美希 (遊井亮子)
通称「鬼の桜田」で、漫画家・姫川ロザンナの生みの親。
超肉食系女子で独身。

杉田賢治 (マキタスポーツ)
真田・山田のお隣さんで、倉田スミレと同棲。
ルックスは危ない職業風ですが、実は真っ当な会社社長。

倉田スミレ (逢沢りな)
大学院で食品科学を専攻。

スポンサードリンク