WOWOW BS9
■CSI 科学捜査班 ザ・ファイナル
毎週土曜日 夜11:00
毎週水曜日 夜10:00 字幕 全18話

◆ストーリー
欲望が渦巻く街ラスベガスを舞台に、CSIチームが凶悪犯罪に最新科学で挑む。
全米大ヒット犯罪捜査ドラマの最終第15シーズン。

ラスベガス警察では、反抗的だった娘と人生をやり直したいと望んだブラス警部(ポール・ギルフォイル)が
退職する一方、CSIの面々、ラッセル主任らは、新たな怪事件の捜査に追われる。

ラッセルとフィンレイが5年前にシアトルで捜査した“ギグ・ハーバー・キラー”の“模倣犯”がラスベガスに
出現したのだ。“ギグ・ハーバー・キラー”の死刑執行の直前、ラスベガスに現われた“模倣犯”は、
ラッセルの娘に対してストーカー行為をするなど凶行をエスカレートさせていく。

やがて“ギグ・ハーバー・キラー”には実は双子の兄弟がいたことが判明し、不動産会社を経営するその兄弟は、
本当の“ギグ・ハーバー・キラー”は自分たちと別にいると考えていて。

◆科学捜査班
「CSI」3作を代表するフォレンジック・サイエンス(犯罪捜査科学)系ドラマの影響で、米国でいくつかの
社会現象が起こっているというのです。しかもそれらの現象を総称して「The CSI Effect」(CSI効果)
呼んでいるのだとか。その1つに、教育界における大きな影響があります。

まず、大学でフォレンジック・サイエンスを専攻する学生が急増。同学科を増設する大学も出てきました。
また小中高を問わず、授業の一環として「CSI」に出てくるような事件を想定し、それを生徒が解決していく、
という面白い授業が人気になっているとか。

スポンサードリンク


CSI15ファイナルのあらすじ&ネタバレ

 

例えば、ミシガン州南部のセントジョセフにある高校では、授業でまず「警察調書」(もちろんニセモノですが)
が生徒に配られ、これをヒントに学生は証言の信頼性を確かめたり、容疑者の血液型を調べたり……といった
活動をするのです。生徒たちは探偵にでもなった気分で、進んでこれに取り組むそうです。

スポンサードリンク


でも実はその“捜査”には化学、地理、生物、物理、そして数学といった、普通なら多くの学生が苦手とする
教科の応用が登場します。事件の解決に必死な学生たちは、知らず知らずのうちに苦手な科目も学んでいく
というワケ。学校の先生や親にとってもうれしいじゃありませんか。

ただしこの「The CSI Effect」、良いことばかりじゃありません。先のように大学でフォレンジック・サイエンス
を専攻し、その仕事に就いたはいいけれど、現実の犯罪科学捜査はもっと地味だった、とガク然とする人々も
増えているそうです。

◆シーズン15をもって、人気海外ドラマ「CSI:科学捜査班」からの降板を発表している、ニック・ストークス役
ジョージ・イーズ(47)。15年にわたって番組を支えてきたキャラクターについて、番組プロデューサーが語った。

初回から登場し続けてきたキャラクターのうち、最後のひとりであるニック役ジョージの降板は、
ファンを大いに悲しませた。全米では2月15日に、最後のレギュラー出演エピソードであるシーズン15の
フィナーレが放送。

直前のインタビューにて、番組の製作総指揮を務めるドン・マクギルは、TVGuideに対しこのエピソード制作には、
「ふたつの課題があった」と告白。「ひとつはシーズンにエキサイティングに締めくくること。
もうひとつは、ニック・ストークス、そしてジョージ・イーズという番組のスターたちに敬意を払うこと。
ファンがこの結果に満足しくれることを望むよ」と語った。

「初回からいままで、ニック・ストークスの進化はキャラクターを豊かにした。
グリッソムに導かれる若いCSIから、グリッソムの魂を受け継ぐ男へと変わったんだ。
だからニックが他所のラボで、グリッソムに“なる”というアイディアが生まれることには、納得がいく。
初回から見ても、論理的な結末なんだ」

「ニックというキャラクターは、番組や、私自身にとってもとても重要だった。
ニックを殺してしまうというアイディアはなかったよ。彼は大切すぎたし、愛されすぎたキャラだった。
ファンだけじゃなく、カメラ側にいる我々にとってもね。いつでもニックには、エモーショナルで、
感動的な別れを用意しようとしてきた。それから彼がいつでも戻れるように、と。

ニックの異動したサンディエゴは、ラスベガスからそんなに遠くないだろ?もしかしたら『CSI:サンディエゴ』
だってあり得るかもしれないよ!」

スポンサードリンク