WOWOW BS9
■日曜オリジナルドラマ 『石の繭』8月16日 スタート!
毎週 日曜日 夜10:00~ 《全5話》*第1話無料放送

*作家・麻見和史の人気警察小説シリーズ「警視庁殺人分析班」
リアリティあふれるストーリーに、サスペンス性とアクションを織り込み、警察小説の新機軸を打ち立てた
シリーズ。その第1作を初めて映像化する。

二転三転する展開、張り巡らされた伏線、ちりばめられたミステリー、
そして、事件の驚愕の真相と犯人の真の目的がやがて明かされていくさまなど、原作の世界観を忠実に再現。
片時も目の離せない、ノンストップ・クライムサスペンスドラマの誕生!

主演は木村文乃。映画『イニシエーション・ラブ』に出演したほか、今年の4月クールで連続ドラマ初主演を
果たすなど、今、注目度抜群の木村が、正義感が強い努力家である反面、経験が少なく危なっかしい面がある
警視庁捜査一課の刑事を演じる。

❖監督は刑事ドラマの演出も数多く手掛けてきた内片輝。
❖脚本は『舟を編む』で日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞した渡辺謙作が執筆する。

【ストーリー】
刑事だった父の後を継ぎ、警視庁捜査一課十一係の刑事となった如月塔子。
ある日、廃ビルの地下室で、床にセメントで塗り込まれた死体が発見された。
犯人は一体何故こんな殺し方をしたのか?

捜査会議が始まり、その最中に“トレミー”と名乗る犯人から捜査本部に電話が入り、塔子が交渉相手となる。
殺人に関するヒントを提示しながら警察を愚弄・挑発するトレミー。
やがてトレミーから第二の犯行予告の電話が入る。そして予告通り第二の犠牲者が出た。
被害者はまたもセメントで塗り固められていた。

連続ドラマW「石の繭」予告編

【登場人物】
❖如月塔子(26)…木村文乃
刑事だった父の跡を継ぎ、警視庁捜査一課の刑事となった。小柄で童顔である。巡査部長。

❖鷹野秀昭(32)…青木崇高
塔子とコンビを組んで塔子の指導的立場をつとめる。警部補。
❖尾留川圭介(29)…小柳 友
チームのムードメーカー的存在でコンピューターに強い。年齢は塔子の次に若い。巡査部長。

❖徳重英次(57)…北見敏之
チームの最年長メンバーで温厚で控えめなタイプだが人間観察は鋭い。巡査部長。
❖早瀬泰之(52)…渡辺いっけい
捜査経験が豊富なチームリーダーで周りからは慕われているが本人はストレスに悩まされ胃薬が欠かせない。警部。

❖門脇仁志(41)…平 岳大
がっちりとした体格の持ち主である。警部補。
❖神谷太一(57)…段田安則
捜査第一課・課長

❖如月 功(享年39)…仲村トオル
塔子の亡き父。
❖如月厚子(53)…神野三鈴
塔子の母親。

スポンサードリンク


石の繭の原作の犯人は?ロケ地はどこ?

 

◆真犯人や結末は!?
「17年前の事件で運悪く犯人と接触した捜査員は、如月功。君のお父さんだ」
塔子と鷹野は八木沼雅人の周辺を調べることになった。

そんな中、塔子と鷹野は「父親・八木沼孝明の投身」に不審な点を発見する。
「もしかして、父親は誰かに突き落とされたのではないか」

スポンサードリンク


トレミーは「八王子署の管轄内に第3の被害者がいる。昼の12時までに見つけ出せば助かる」と言ってきた。
すぐに塔子と鷹野は現場に急行した。途中、トレミーから受けたヒントの1つが解明されたと電話がかかってくる。
「トレミー工法。それが奴の名の由来だ」トレミー工法とは管を使って水底にセメントを固める工法だという。
「おそらく、雅人の母親はトレミー工法をつかって遺体を処理されたのだ」

そこは、トレミーから送られた写真に写っていた場所…雅人と母親が17年前に閉じ込められていた場所だった。
雅人の母親がセメントで水底に固められていた跡もある。
塔子が叫ぶや否や、爆音が響き渡る!大勢の捜査員を巻き込んで、廃工場は倒壊した。
第3の被害者は「17年前に事件を解決できなかった無能な警察」だったのだ。

母親に帰宅する旨をメールで伝達し、頼まれた牛乳を買って帰る塔子。
目の前には手足を縛られ転がされている母の姿があった。
塔子を縛り上げると、トレミー…八木沼雅人は語り始める。

如月功の娘である塔子は最初からトレミーのターゲットだった。
トレミーは事件を起こすタイミングを計り、特捜本部に泊まり込む塔子の隙を!ついて塔子の家に。
しかし、トレミーは警察の捜査状況を把握し続けることができていたのか?
塔子はトレミーこと雅人の真の正体に気付く。

「石の繭」特設ページはこちら

大辺屋の横井!塔子たちは、警察OBが経営する居酒屋「大辺屋」の隠れ座敷で会議をしていた。
そこで働いていたアルバイトの横井にとっては聞き耳を立てることは容易。
トレミーは、風呂場にモルタルを練りに行った。このままでは2人とも命はない。

塔子は、手の縛りを解き物干しポールでブレイカ―を落とした。暗闇の中、慌てて戻ってきたトレミーの腕には
塔子から巻き上げた父の形見の時計、蓄光腕時計が光っている。消火器でトレミーに殴りかかる塔子。
真相に到達した鷹野達チームも到着し、事件は結末を迎える。
八木沼雅人は逮捕され、謎も次第に解けていく。

雅人と母親を誘拐した犯人グループの3人目は、なんと八木沼孝明だった。
孝明は金が目当てで、妻の父親から金を奪う誘拐事件を企てたが、結果として誘拐は失敗。
罪を息子の雅人に告白した孝明。雅人が第一の復讐として孝明を屋上から突き飛ばし絶命した。
八木沼孝明は妻と息子を危険な目に合わせたのか・・・雅人は孝明の子ではなかった。

※残念ながらロケ地情報は、旧三崎中学校・市内民家くらいしかありません。

スポンサードリンク