■火花
『火花』は、お笑いタレントの又吉直樹が書いた初の中編小説。初出は『文學界』2015年2月号(文藝春秋)。
掲載時から現役のお笑いタレントが書いた“純文学小説”として話題を呼び、文芸誌である同誌が増刷される
ヒットとなりました。

そして第28回三島由紀夫賞候補作、第153回芥川龍之介賞受賞作となり、内容面でも高い評価を得ているよう
です。

◆あらすじ
売れない芸人・徳永は、熱海の花火大会で、先輩芸人・神谷と電撃的な出会いを果たす。
徳永は神谷の弟子になることを志願すると、「俺の伝記を書く」という条件で受け入れられた。

奇想の天才でありながら、人間味に溢れる神谷に徳永は惹かれていき、神谷もまた徳永に心を開き、
神谷は徳永に笑いの哲学を伝授しようとするというストーリー

◆登場人物
❖徳永…お笑いコンビ・スパークスのメンバー。熱海の花火大会で神谷と出会い、弟子入りを志願。
❖神谷…お笑いコンビ・あほんだらのメンバー。天才肌で奇抜な発想を持ち主。人間味に溢れている。
❖山下…徳永の相方。徳永とは、中学時代からの友人。

❖大林…神谷の相方。喧嘩っ早く、かつては地元で不良と恐れられていた。徳永が住む隣町でも有名な存在で、
神谷共々芸人の間で悪名高いが、情には厚い。
❖真樹…神谷と同棲している女性。徳永からは、恋人だと思われていたが神谷は否定している

スポンサードリンク


スポンサードリンク


火花のあらすじと結末のラストをネタバレ!

お笑いコンビ・スパークスの徳永は、熱海の営業で、4歳上の先輩芸人・神谷に出会う。
自分にはない、常識破りな神谷に憧れ、そこから徳永は神谷と親交を深めていく。

徳永は、ネタ番組などに出演するようになるが、相方が同棲相手の妊娠を機に芸人を辞め、
10年目にコンビを解散する。

神谷は、バイトもせず後輩におごる生活を続け、借金が膨らみ続けていた。金策のため行方をくらませてしまう。神谷は自己破産で落ち着き、徳永が芸人を辞めたあとに連絡してきた。

徳永は、不動産屋で働くこととなった。失踪していた神谷から電話があった。
行方をくらませてから1年が経過していた。

指定された居酒屋に行くと、少し痩せた神谷がそこにいた。
神谷は、やはり借金が原因で金策のために1年掛かってしまっていたのだと明かした。
結局、自己破産することになったのだという。もちろん、無断で仕事を飛ばし続けたこともあり、
事務所もクビになっていた。

徳永は、神谷の変貌に驚く。自分では面白いと思い、神谷は豊胸手術を受けていた。徳永は呆れ果てる。
神谷はようやく手術を受けたことを後悔するのだった。

徳永と神谷は、出会った場所の熱海へ温泉旅行に出かける。
そこで、素人参加型の漫才大会に出るためにネタを作り始めた神谷を見て、
徳永は「生きている限り、バッドエンドはない。僕たちはまだ途中だ。これから続きをやるのだ」と決心する。
神谷は、不意に「おい、とんでもない漫才思いついたぞ」と、徳永に言った。

とんでもないラストですが、作者の非凡ぶりを証明するものでしょうか・・・。

スポンサードリンク