■WOWOW BS9 SUITS/スーツ4
毎週火曜 夜11:00 (全16話)
毎週水曜 深夜1:00 字幕

◆ストーリー
ニューヨークの法律事務所を舞台に、エリート敏腕弁護士ハーヴィーと天才青年マイクのコンビが活躍する、
スタイリッシュ・サクセスストーリーの第4シーズン

前シーズン、さまざまな困難を乗り越え、最強コンビとなったハーヴィーとマイクだったが、
マイクは経歴詐称の負い目もあり、起業したクライアントに誘われ、投資銀行家に転職

ハーヴィーの法律事務所のクライアントとなるが、マイクはある大企業の買収をめぐり、
ハーヴィーと対決することになる。

一方、ルイスはウッドオール(前シーズン、マイクを追及した連邦検事)が証券取引委員会のマローンを
事務所に送り込んでくることを知り、マローンを撃退すれば代表に仲間入りできると考える。
だがマローンはジェシカとハーヴィーに、事務所で雇ってほしいと言いだした。

◆ドラマキャスト
❖ハーヴィ・スペクター:ガブリエル・マクト(日本語吹替:桐本琢也)
ピアソンの法律事務所に勤める敏腕弁護士で事務所の草創期を支えたピアソン所長の片腕。
非常に優秀であり、自分の才覚に絶対の自信を持つ傲慢な性格で係争においては勝利こそを至上とするためか、
時に周囲を驚かせるような強引かつ違法ギリギリな手段に出ることも多々ある。

その性格と優秀すぎる才能故に一匹狼だったが、ピアソンからアソシエイトを雇う事を勧められる。
そこでマイクと出会うこととなる。マイクとの関係を通して徐々に人間らしい情義に目覚め始める。
ピアソン法律事務所に学費の融資を受け、ハーバードを卒業、経験を積むためピアソンの指示で検事に
なっていたが、上司の証拠改竄に幻滅して辞職、ドナを連れて復帰した。

スポンサードリンク


スーツ4!ドラマネタバレ&あらすじ!結末は?

❖マイク・ロス:パトリック・J・アダムス(日本語吹替:西健亮)
天才的な頭脳と完全記憶力を持つ青年。両親を早くに亡くし、祖母と共にアパートで暮らしていた。

かつては弁護士を目指して大学に通っていたが悪友のトレヴァーの所為で退学処分となり、
その後はロードバイクでの配達の他に麻薬の密売や運び屋をしつつ、その頭脳と記憶力を活かした成りすまし
によって試験の代行などの違法行為に手を染めていた。

スポンサードリンク


ハーヴィと出会ったことで彼の生活は一変する。
辛い過去からか他人に対する思いやりが強く、依頼人に感情移入しすぎてしまうなど時に冷静さを失うことにも。
学歴を詐称して弁護士として働いていることが彼とハーヴィ、そして事務所のアキレス腱となり続けることに。

シーズン途中である依頼人の依頼を円満に解決依頼人がハーバード大学のデータベースを改竄、
これにより書類上の学歴は完璧とはなったが。

❖ルイス・リット:リック・ホフマン(日本語吹替:横島亘)
ハーヴィと同じくピアソンの法律事務所に勤める弁護士。
かなりひねくれた性格で、他人を平然と侮蔑したりもする人物。

事務所のアソシエイトの教育係を努め、「全てのアソシエイトに平等にチャンスを与える」ということを
モットーにするなど公正で実直な部分もあるなど、どこか憎めない人物。

劇中でも暴行を受けて負傷したマイクを何も言わずに、強引に治療を施すなどお人好しで面倒見がいい性格
でもある。ハーヴィをライバル視している。特に企業の経理関連ではハーヴィすら上回る実績を持つ。

❖ジェシカ・ピアソン:ジーナ・トーレス(日本語吹替:唐沢潤)
ピアソン・ハードマン法律事務所の所長で、常に冷静沈着な才媛。

確かな判断力と才能によって事務所を不動のものとしていく。マイクの学歴詐称を知る数少ない人物だが、
ハーヴィがマイクを庇い続けたことから彼女もマイクの才能を知り、危険と知りつつもハーヴィの元で
アソシエイトとして働かせ続けている。

❖レイチェル・ゼイン:メーガン・マークル(日本語吹替:世戸さおり)
マイクが一目ぼれした事務所のパラリーガル。
優秀な人物で弁護士志望だが、ロースクールの試験を合格する自信が無く、受験を引き伸ばし続けている。
マイクとは次第に惹かれあっていくが、所内恋愛禁止という規定や周りの目が気になって恋人関係になれずにいる。

❖ドナ・ポールセン:サラ・ラファティ(日本語吹替:行成とあ)
ハーヴィとは検事時代よりの付き合いとなる秘書で、彼とはツーカーの仲。

ハーヴィが雇ったマイクを何かと気に掛けながら、彼らやルイスの潤滑剤的なポジションとして活躍する。
シーズン途中で過去に関わったある事件で証拠を見逃していた事が発覚、事務所を辞職することとなる。
実はこれはある人物の画策した陰謀であることが後に発覚する。

スポンサードリンク