■映画の 『 最強のふたり 』
『最強のふたり』原題: Intouchablesは、2011年のフランス映画。
頸髄損傷で体が不自由な富豪と、その介護人となった貧困層の移民の若者との交流を、
ときにコミカルに描いたドラマです。

2011年10月23日、第24回東京国際映画祭のコンペティション部門で上映され、
最高賞である『東京サクラグランプリ』を受賞し、主演の2人も最優秀男優賞を受賞

また、第37回セザール賞で作品・監督・主演男優・助演女優・撮影・脚本・編集・音響賞にノミネートされ、
オマール・シーが主演男優賞を受賞しました。

フランスでの歴代観客動員数で3位となる大ヒット作となりました。日本でも興行収入が16億円を超え、
日本で公開されたフランス語映画の中で歴代1位のヒット作です。

◆原作あらすじ・感想
映画の内容とは全く違う世界。フィリップは美しい物語を作る気はなく、ただ彼の想い、大切な記憶を
胸の上に置いた録音機に語ったのです。

守護悪魔のアブデルは、映画の世界以上にハチャメチャ
クラクションを鳴らした隣人を恫喝したり、事業を立ち上げいい加減な経営でフィリップの口座に大打撃を
与えたり。

砂丘を疾走して砂にはまり、3人のラクダ乗りとラクダ三頭に引き上げてもらう。
どんなにかフィリップは自分の障害を忘れ、混乱し、笑ったでしょうか。

腎臓に逆流した尿が脳に達して激痛に苦しむフィリップの膀胱を一晩中洗浄するアブデル。
フィリップが預かっている友人の息子の誕生日に、真っ裸のダンサーを送り込むアブデル。
まさに守護悪魔です。

フィリップは公爵家に生まれ、銀のスプーンをくわえていますが、何の偏見も持たない自由な精神の持ち主です。
そしてこの本は、フィリップの厳粛な想いがそのままに詰まった本です。

スポンサードリンク


スポンサードリンク


最強のふたり!原作あらすじ&ネタバレ!

❖映画 『 最強のふたり 』のストーリー
パリに住む富豪のフィリップは、頸髄損傷で首から下の感覚が無く、体を動かすこともできない。
フィリップと秘書のマガリーは、住み込みの新しい介護人を雇うため、候補者の面接をパリの邸宅で
おこなっていた。

ドリスは、職探しの面接を紹介され、フィリップの邸宅へやって来る。ドリスは職に就く気はなく、
給付期間が終了間際となった失業保険を引き続き貰えるようにするため、紹介された面接を受け、
不合格になったことを証明する書類にサインが欲しいだけだった。

気難しいところのあるフィリップは、他の候補者を気に入らず、介護や看護の資格も経験もないドリスを、
周囲の反対を押し切って雇うことにする。フィリップは、自分のことを病人としてではなく、
一人の人間として扱ってくれるドリスと次第に親しくなっていく。

❖実話との相違点
映画では雇ったのはドリスというアフリカ系の黒人になっているが、
実際はアルジェリア出身のアブデルという24歳の青年

また、フィリップの妻ベアトリスはすでに死亡したことになっているが、実際に彼女が癌で亡くなったのは、
アブデルが家にやって来てから4年後の96年5月のことです。

関連記事・・・最強のふたりは実話?モデルの現在は?

映画では、アブデルの弟が助けを求めに来たことをきっかけに、雇用関係を解消したため、
ほんの1年程度の出来事のような印象ですが、実際には10年間にわたって面倒を見ており、
2人はモロッコへ移住しています。アブデルが現地の女性を好きになったため、
アブデルの将来のことを考えて、フィリップの方から契約を解除したそうです。

スポンサードリンク