■映画の 『 最強のふたり 』

『最強のふたり』原題: Intouchablesは、2011年のフランス映画。

頸髄損傷で体が不自由な富豪と、その介護人となった貧困層の移民の若者との交流を、

ときにコミカルに描いたドラマです。

2011年10月23日、第24回東京国際映画祭のコンペティション部門で上映され、

最高賞である『東京サクラグランプリ』を受賞し、主演の2人も最優秀男優賞を受賞。

また、第37回セザール賞で作品・監督・主演男優・助演女優・撮影・脚本・編集・

音響賞にノミネートされ、オマール・シーが主演男優賞を受賞しました。

フランスでの歴代観客動員数で3位となる大ヒット作となりました。

日本でも興行収入が16億円を超え、

日本で公開されたフランス語映画の中で歴代1位のヒット作です。

 

スポンサードリンク


 

❖映画 『 最強のふたり 』のストーリー

パリに住む富豪のフィリップは、頸髄損傷で首から下の感覚が無く、

体を動かすこともできない。

フィリップと秘書のマガリーは、住み込みの新しい介護人を雇うため、候補者の面接

パリの邸宅でおこなっていた。

ドリスは、職探しの面接を紹介され、フィリップの邸宅へやって来る。

ドリスは職に就く気はなく、給付期間が終了間際となった

失業保険を引き続き貰えるようにするため、紹介された面接を受け、

不合格になったことを証明する書類にサインが欲しいだけだった。

気難しいところのあるフィリップは、他の候補者を気に入らず、

介護や看護の資格も経験もないドリスを、

周囲の反対を押し切って雇うことにする。

フィリップは、自分のことを病人としてではなく、

一人の人間として扱ってくれるドリスと次第に親しくなっていく。

映画『最強のふたり』予告編

 

スポンサードリンク


 

最強のふたりは実話?モデルの現在は?

❖実話との相違点

映画では雇ったのはドリスというアフリカ系の黒人になっているが、

実際はアルジェリア出身のアブデルという24歳の青年。

また、フィリップの妻ベアトリスはすでに死亡したことになっているが、

実際に彼女が癌で亡くなったのはアブデルが家にやって来て4年後の96年5月のことです。

映画では、アブデルの弟が助けを求めに来たことをきっかけに雇用関係を解消したため

ほんの1年程度の出来事のような印象ですが実際は10年間にわたって面倒を見ており

2人はモロッコへ移住しています。

アブデルが現地の女性を好きになったため、アブデルの将来のことを考えて、

フィリップの方から契約を解除したそうです。

 

 

❖モデルの現在は?

Blu-ray&DVDのリリースを前に、映画のモデルとなった“本物の最強のふたり”を収めた

メイキング・ドキュメンタリーが初公開されました。

現在、モロッコで家族と暮らすフィリップが、障害を負うことになってしまった

パラグライダー事故の経緯を語るほか、アブデルは裁判所から外出許可を取るために

働いたことや、本当に失業手当をもらうためのサインが欲しくて臨んだ面接で、

フィリップに出会ったことなど赤裸々に語っています。

また、併せて本作の舞台裏を収めたメイキング映像も初公開!

自身もスラム街出身であるドリス役のオマール・シーが提案したアイデアが採用された

エピソードや、エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ両監督の作品に込めた思いが

語られ、豪華ボリュームでの特典映像!

関連記事・・・最強のふたり!キャストとドラマ主題歌は?

※ユーモアたっぷりに描かれた最強の友情は、

思いやりの心や優しさにあふれ、何度観ても笑って泣ける。

実在の2人が語ってくれることで、あの感動がもう一度蘇ること間違いなし!

 

スポンサードリンク