離婚届を見た陽一はビックリ!でも知里から離婚は無いと言われホッとする陽一。

一方細井家の一人娘の美香はピアノを続けたいが、母親は受験が大切と思っている。

それに逆らえない美香は悩む。

保健所に定期健診に来た知里は、ぐずる華に手をやき、他の子供とつい比べてしまう。
他の子は、もうハイハイしてるとか・・・先生から個人差があるから気にしないようにと言われる。
母親が神経質だと子供も神経質になってしまいますよと言われる。
非行少女が父親をバットで殴ったとの雑誌記事を読んだ榛野陽一は、娘の将来を思って不安になる。

そんな時、陽一は子育てに自信満々のクライアント、須藤俊也に子供は乳幼児から英才教育した方が良いと言われる。
須藤の教育方針で、須藤の子供は名門の小学校に入ったと聞かされスッカリその気になる。
細井茂も俊也の意見にうなずいた。
陽一はイクメンになる宣言をして陽一は早速、知育グッズを買って帰る。
将来、華を勝ち組にすると言うのだ!!天才は0歳から始まると言って、華のために予習まで始める始末。

しかし知里は大反対
知里は英才教育よりも娘には心豊かに育ってもらいたかったのだ。
須藤の家では、父親ばかりが厳しく、実は家庭内では家族は上手く行っていなかった。
一方、茂の家庭では高校生の娘、美香の将来を真剣に考える時期が来ていた。

自立出来る女性になって欲しいと願う美和子は、茂の“美香のピアノを聴くのが好き”という意見など聞こうともしないで、美香にピアノを辞めさせて普通大学への受験を課そうとしている。
美和子と仲の良い美香も、素直に従っているように思えたのだが。

スポンサードリンク


スポンサードリンク


残念な夫!3話あらすじとドラマの感想

陽一は、英語の教育のCDやカードをシッカリ華に聞かせておくように知里に言って、仕事に出かける。
仕事の帰りに飲みに行った陽一は、かおりと話しが盛り上がり、増々英才教育に力を入れる。
今度は、有名サッカーチームのチアリーダーだ!!!

ママ友たちのお茶会。迷惑イクメンについて話す。何とそのママ友は、知里と細井の妻、須藤の妻なのだが・・・お互いの関係を彼女たちは知らない。
陽一の迷惑イクメンぶりは、エスカレートしていく。
我慢の限界を超えた知里は切れる!!
偏ったイクメンではなく、“普通のイクメン”になって欲しいというが、陽一から、そんな地味な事は母親の役目と言われ、知里は増々切れる!!

近頃知里は、陽一の事を考えると痒くなるのだ。
そんな時、やって来たのは知里の父親と陽一の母だ。最悪な状態・・・知里は陽一の母に、英才教育を辞めてもらえる様に言ったのだが逆効果!!!!
その上、二人は喧嘩を始める。
とりあえず二人には帰ってもらう。

知里は細井の妻の店で、陽一親子の愚痴を言うが、あなたはそんな陽一を好きになったんでしょう?と言われる。
また陽一も細井から、結婚したいと思うほどの女性を育ててくれた親の事を考えろと言われる。
陽一と知里の2人は、改めて結婚の幸せを噛みしめる。
そして二人は、親のありがたみを感じ、電話をしてみると、喧嘩していたはずの2人は一緒に飲んでいた!

スポンサードリンク