◆みたままつり 2015
開催日:2015年7月13日(月) ~ 16日(木)

❖祭儀日程
*前夜祭…7月13日 午後 6時
*第一夜祭…7月14日 午後 6時
*第二夜祭…7月15日 午後 6時
*第三夜祭…7月16日 午後 6時

❖昇殿参拝
❖7月13日~16日 午前9時~午後8時
(みたままつり期間中の社頭参拝は、午前6時から午後9時30分までとなります。)

❖献灯のご案内
みたままつりの献灯は、英霊への感謝と平和な世の実現を願って掲げられるもので、
誰でも申し込むことができます。

*大型献灯(1灯):12,000円 ※大型献灯の永代献灯初穂料は200,000円(1灯)です。
*小型献灯(1灯):3,000円 ※小型献灯の永代献灯初穂料は70,000円(1灯)です。
問い合わせ:靖国神社社務所(TEL:03-3261-8326)

◆みたままつりとは
日本古来の盆行事にちなみ、昭和22年に始まった「みたままつり」は、東京の夏の風物詩として親しまれ、
毎年30万人の参拝者で賑わいます。

期間中、境内には大小3万を超える提灯が掲げられて九段の夜空を美しく彩り
本殿では毎夜、英霊をお慰めする祭儀が執り行われます。

スポンサードリンク


みたままつり2015の開催時間と日程!見所は?

また、みこし振りや青森ねぶた、特別献華展、各種芸能などの奉納行事が繰り広げられるほか、
光に包まれた参道で催される都内で一番早い盆踊りなど見どころがたくさん。

スポンサードリンク


◆出店は中止?
お祭りといえば屋台ですが、「みたままつり」は、なんと150以上のお店が連なるそうです。
昔ながらの定番、綿菓子・くじ引き・射的はもちろん、お化け屋敷などの出店もあり、若者に大人気です。
また見世物小屋もあるので、物珍しいものを見るために来る方も多く、レトロ感も満喫できたのですが・・・

なんと、2015年度の「みたままつり」では、屋台の出店を見合わせているとのこと。
なぜ、出店を見合わす必要があったのでしょうか?

◆出店取りやめの理由
東京・九段北の靖国神社は、戦没者を慰霊する夏祭りとして親しまれてきた「みたままつり」で露店の出店を
中止することを決めた。みたままつりは終戦から2年後の1947年に始まったが、出店の中止は初めて。

期間中は約30万人の参拝客でにぎわう一方、最近は若者らが遅くまで酒を飲んで騒いだり、
男女が出会いを求めて集う「ナンパ祭り」とインターネット上に書かれたりし、神社などが対応に苦慮していた。

靖国神社によると、まつりの期間中、例年は参道に約200の露店が並び、
午後10時ごろまで軽食などを販売していた。

約10年前から多数の若者らが集まり、「(露店が閉まった後も)近隣で遅くまで飲み食いしている」「騒がしい」
との苦情が住民から神社に寄せられ、周辺の道路にはごみがあふれるようになったという。

周辺の警備を担当する警視庁麹町署によると、把握できているだけで昨年の期間中はけんかや器物損壊などの
トラブルが計11件あった。

神社側も近年、警備員を増やすなど対策を講じたが「状況が改善しなかったため」(担当者)、
出店見合わせを決めた。

※本来の「まつり」の目的に戻ったといえば、それまでですが。残念ですよね。

スポンサードリンク