ストーカーと会社の不正に立ち向かう家族の絆、『ようこそ、我が家へ』
*池井戸潤さん原作小説が、フジテレビ初の連続ドラマ化!2015年 月曜、夜9時~*
★僕たち家族は、恐怖のゲームに巻き込まれた。★

【キャスト】
*倉田 太一(くらた たいち):演…寺尾 聰本
太一は、真面目なところだけが取り柄という父親。
健太との関係を改善したいと思いつつ切り出すことができないまま。

大手銀行の出世レースから脱落し、現在は総務部長として中小企業へ出向中。
ストーカーからの嫌がらせが始まった同時期に、太一は会社内における不正の疑念を抱き、
窮地へ追い込まれていくことに・・・突然、“ストーカー”と“会社”という2つの敵と対決することになった。

*倉田 珪子(くらた けいこ):太一の妻 演…南 果歩

*倉田 健太(くらた けんた):太一と珪子の長男 演…相葉 雅紀
❖相葉さんのコメントです。
ストーカーという言葉を耳にする機会は増えていますが、このドラマの脚本を読んだ時は鳥肌が立ちました。
どの家庭にもあり得る、誰からも遠くない話だと思います。

*倉田 七菜(くらた なな):太一と珪子の長女 演…有村 架純
女子大生で、兄の健太とは正反対の性格。明るく自由奔放。アナウンサーを志望しての就活中。
最近、辻本と別れたが、執拗に七菜を追い回す。七菜は、そのことを家族には内緒にしている。
ただ同級生で親友の万里江には打ち明けている。

*神取 明日香(かんどり あすか) 演…沢尻エリカ ヒロインとして出演!」
キュートなタウン誌記者。ドラマオリジナルキャラクター。

*足立梨花さん、藤井流星さんも出演決定!

スポンサードリンク


ようこそ、わが家へのネタバレ!最終回の結末と犯人は?

【8話あらすじ】
倉田家では、健太の退院祝いが行われようとしていた。パーティーには明日香も参加。
そんな時に倉田家に、刑事の枚方と尾村がやって来た。

なんと刑事たちは住居侵入と窃盗の容疑で、珪子を警察署で取り調べると言うのだ。
明日香の機転で珪子の警察への出頭は回避され、取り調べは自宅で行われることとなった。

スポンサードリンク


刑事たちによると、ここのところ倉田家周辺の所轄管内で空き巣被害が連続しているとのこと。
珪子が通う陶芸教室の仲間たちも被害に遭っていた。

しかも、その日の朝、狙われた中嶋家には、
珪子の指紋がついたペットボトルと波戸清治からもらったブローチが落ちていたという。

それで珪子を疑わざるを得ないと話す刑事に、明日香は他の家では発見されなかった犯人の遺留品が、
中嶋家だけに残されたのは明らかにおかしいのではないかと疑問を投げかける。

翌日、健太と明日香は、珪子が返したというブローチの行方を波戸に確認すると、
波戸は施錠せずに止めておいた車から盗まれたと答える。

その頃、倉田家に珪子の主婦仲間が集まっていた。主婦たちに吊るし上げられそうになる珪子。
そんな珪子を民子がかばい、事なきを得る。

しかし、珪子への疑いは晴れない。健太と七菜が帰宅すると珪子を誹謗するメモがポストに入っていた。
防犯カメラの映像には、主婦の中嶋が映っていた。次の日、健太は明日香と中嶋宅へ向かう。

❖原作結末・犯人
倉田家に嫌がらせをしていた犯人は2人。1人は週刊誌の副編集長・赤崎信士で、
もう1人はテレビ番組の構成ライター田辺覚。

花壇を荒らしたり、瀕死の猫をポストに入れたりした犯人は、赤崎信士で、車に傷つけたり、
タイヤをパンクさせたりした犯人は田辺覚だった。

田辺覚は、健太に仕事を奪われたことを恨んでいた。赤崎信士に便乗して倉田家に嫌がらせをしていた。
田辺覚は便乗犯!という事は真犯人が別にいる?しかし結局、真犯人は赤崎信士だった。

「ようこそ、わが家へ」の中で起きた出来事は、チョッとしたきっかけで、自分にも災難が降りかかってくる、
日常に潜む恐怖を描いたもの。

「ようこそ、わが家へ」というタイトルは、ふとしたことで災いを招いた倉田家が、
家族で一致団結して犯人を退治し、成長する過程を表わしているのだろうか?

※原作のラストは、犯人に倍返しも土下座も要求せず、できるだけ早く忘れて、普通の生活に戻りたいんです。
犯人のことも、できれば穏便に済ませてくださいと、犯人を許したのです。

スポンサードリンク