drama

ドラマ・ゴーストライター第3話のあらすじ

小説執筆に行き詰った遠野リサに代わり、川原由樹がプロットを書くようになってから連載小

説の評判が上がり始めた。リサは罪悪感を抱えながらも、由樹のために彼女の才能の扉を開

いただけだと自分に言い聞かせる。

由樹がプロットを書きはじめて、リサの作風が変わったと評判だった。

事情を知らない小田颯人は、再び神崎雄司に由樹の原稿を読んで欲しいとお願いする。耳を

貸そうとしない神崎だったが、由樹の名前を聞くと急に原稿を受け取る。

神崎は由樹とリサの事を知っていた。

リサは、由樹に豪華な仕事部屋を与えた。恐縮する由樹に、リサは駿峰社で始まる新連載の

プロットは設定からストーリーまで自由に書いていいと告げる。 これからも期待してるとリサは

言う。神崎がリサの事務所にやって来た。対応した由樹に神崎は、新連載はプロットだけでな

く小説を書いてみないかと持ちかけた。突然のことに戸惑う由樹。

TVのコメンテーターからもリサは作風が変わったと言われる。

リサはテレビ局の廊下で、同時期に新人賞を受賞して以来ライバルと言われていた女性作家

の向井七恵)とすれ違う。人気作家となったリサとは反対に数年で姿を消した七恵は、10年ぶ

りにエッセイ本を出すことになったという。事務所に戻ったリサは、神崎から七恵のエッセイ本と

自分のエッセイ本の発売日が同日であると知らされる。

リサへの挑戦状だと神崎に言われる。リサを負けさせる訳にはいかない。

スポンサードリンク


ゴーストライター!3話あらすじ

数日後、由樹が新連載『おとぎの国の住人』のプロットを提出した。それを基に小説を書き始め

るリサだったが、由樹もまた同時に『おとぎの国の住人』の小説を書き始めていた…。

どうなるの??二人の関係は??神崎の企みは?

スポンサードリンク


七恵のエッセイは売れていた。神崎はリサが売れなくなった時の事を考えて、由樹を育てよう

としているのだ。リサは由樹のプロット基にした小説を神崎に見せると、リサに書くことから離れ

ろと言われる。そして、由樹の小説を読んでみろと言う。これからは、リサの名前で由樹に小説

を書かせると言う。神崎は信じられる人間なのか????神崎は由樹に、リサの名前で小説

を載せたいと話す。少しリサを休ませたいからだと神崎は話す。

納得する由樹・・・納得するかな~普通?リサに小田から食事の誘いが有ったが忙しいと断

る。由樹は自分が書いた小説が本になったことを喜ぶ。たとえ、それがリサの名前で会って

も、本の評判も良い。

リサと七恵の対談の話が持ち上がる。由樹に元の婚約者から電話が入る。リサの所で働くの

は辞めた方が良いとアドバイスされるが、大丈夫と言って電話を切る。

由樹は神崎にいつまでゴーストライターを続けるのかと訊くと、神崎は由樹の名前で本を出す

代わりに、ゴーストは続けて欲しいと頼む。

そして、神崎は由樹の本を出版社に売り込む。リサは息子に不安な気持ちを話す。息子の反

応は冷たかった。

神崎はリサに由樹がリサを利用しようとしていると嘘をつく。神崎はどちらも利用しようとして

る、なんて奴だ!!!!

リサは神崎の言葉を信じるのか?リサは母に会いに行く、文壇の女王の座から降りたくなかっ

た。リサは、自分の事が分からなくなった母にだから話せるのだ。

そしてリサは七恵との対談を受ける事にした。その対談の中で、リサが由樹の話したことを自

分の事のように話すのを見て、由樹の中で何かが変わったような・・・

由樹は、リサに思いをぶつける。育てているのではなく、利用しているのではないかと、本当は

書けないんじゃないかと!

そして、リサは由樹に由樹の名前で本を出すことを知っている事を話し、遠野リサの代わりは

無くても、川原由樹の代わりはいくらでも居る!と言ってのけた・・・今はまだそう言えた。

スポンサードリンク