★日曜オリジナルドラマWOWOWプライム 日曜オリジナルドラマ『テミスの求刑』★
* 真実は、正義によって隠された。5月10日(日)スタート 毎週日曜 夜10:00~(全4話) *

5月10日(日) 夜10:00
5月11日(月) 夜11:00 (再放送)
5月17日(日) 午後0:00 (再放送)
※第1話は無料です。

【原作】
大門 剛明(だいもん たけあき)の推理小説。
本名:大谷 剛史…1974年9月25日生まれ。三重県伊勢市出身在住。龍谷大学文学部卒。
第29回横溝正史ミステリ大賞とテレビ東京賞をダブル受賞した『雪冤』で2009年デビュー。

【主な著書】
『負け弁・深町代言』シリーズ(中央公論新社)、『レアケース』(PHP研究所)、
『この雨が上がる頃』(光文社)、『獄の棘』(KADOKAWA)

【原作ストーリー】
検察事務官平川星利菜の父である亀山交番勤務の平川彰三は3年前に沢登健太郎により撲殺された。
しかし沢登は自分は冤罪だと訴え獄中で自殺した。その事件を担当していた検事は星利菜の上司である田島亮二。

そんなある日、真犯人を追及していた沢登の担当弁護士の黒沼が殺害され、
田島は犯人として警察に追われる身となってしまう。

スポンサードリンク


テミスの求刑!原作のあらすじは?1話のネタバレ

【キャスト】
❖平川星利菜…仲里依紗
若手検察立会事務官。警官だった父親を殺害された過去を持つ。父親の事件の担当検事・田島亮二を尊敬していた。
ある日「田島は殺人検事」との電話を受ける。

❖田島亮二…岸谷五朗
疑者を自白に追い込むのを得意とする“割り屋”の異名をとる、検察庁のエース。
星利菜の父の殺害事件でも担当検事として澤登健太郎から自白を引き出したが、それが冤罪だった可能性が浮上する。

スポンサードリンク


❖滝川要…杉本哲太
田島の後任として東京地検から呼び寄せられる検事。仲間とコミュニケーションを取るのを嫌うが、
検事としては一流。星利菜を立会事務官とし、田島が容疑者となる弁護士殺しの担当を引き受ける。

❖黒沼和彦…佐藤二朗
田島の同期。星利菜の父の殺害事件では被告の澤登健太郎の弁護を担当。
健太郎の無実の証拠をつかんだのか、再審請求していた。

❖水谷康介…高岡奏輔
静岡県警所轄の地域課巡査部長。星利菜の亡き父・章造と仕事をともにしていた関係で、星利菜と穂之果の親代わり。

❖深町代言…袴田吉彦
東京の凄腕弁護士。世論が注目する事件を好む。田島が罪に問われると弁護したいと自ら申し出る。

❖沢登栄太郎…世良公則
星利菜の父を殺害した罪で服役中、無実を訴えて自殺した澤登健太郎の父。息子の無実を信じている。

【第1話あらすじ】
検察庁の事務官・平川星利菜には、警官だった父を不良青年・健太郎に殺害された過去があった。
星利菜は健太郎を自白に追い込んだ検事・田島を尊敬し、彼のもとで働くことになり、充実した日々を送っていた。

しかしある日、健太郎が無罪を主張し、刑務所で自殺したことから事態は一転する。
数日後、星里菜のもとに、謎の男から「田島は人殺しだ」と脅迫電話がかかってくる。

テミスの求刑のまとめページはこちら

 テミスの求刑を見るならWOWOW

「テミスの求刑」を見るならWOWOWに加入しましょう。

・初期費用なし!加入料なし!インターネット手続き限定価格!月額視聴料が1,800円(税抜)!
・厳選されたイチオシ番組盛りだくさん!
・3つのチャンネルで見放題!
・24時間フルハイビジョン!
・5.1chサラウンド放送も楽しめる!
・3D対応番組も放送中!

スポンサードリンク